α6500を購入して1ヶ月半、操作に慣れるよう、撮影しながら色々といじってみましたが、ファンクションメニューは割当を変更した方が絶対便利です。

 これは既に私好みに変更した画面ですが、初期状態では【ドライブモード】【露出補正】【ISO】などダイレクトボタンですぐに変更できるものが含まれている他、画質など、意図せず動いてしまうと困るものも含まれています。

「SONY α6500 使用レポート(番外編)ファンクションメニューは変えた方が便利!」の続きを読む…

 
 家じゅうの時計の電波時計化完了に続き、昨年末にやっと家じゅうの照明のLED化が終わりました。

 長寿命で低消費電力のLEDですが、値段が高価という点がLED化の足かせになっていました。
 しかし、時代は白熱電球の生産終了から、政府の方針として蛍光灯も段々とやめる方向へ、ということで、ここに来て価格もかなりこなれてきました。

 LED化の第一歩として、交換が簡単な洗面所やトイレから。
 だいたいE26口金の電球が付いていたはずですから(高級な邸宅はシャンデリアかも?)、同じ明るさで消費電力の少ない電球型蛍光灯へ、そして、電球型LEDへと変遷していきます。

 電球型蛍光灯の弱点は、すぐに明るくならないという事もあり、ついちょっとの間ならと点けっぱなしに。
 ところが、LEDはスイッチを入れるとすぐに明るくなる上、蛍光灯や白熱電球のようにスイッチON-OFFによる短寿命化が起こらない為、こまめな入り・切りができて更に節電につながります。

 良いこと尽くめのLEDですが、色々な種類があるので用途に合ったものを選ばないと後で後悔することに。
 私も最初の頃、良く考えないで買って失敗しました。

「LED アイリスオーヤマがスゴイ!」の続きを読む…

 
 しばらくレッドブル・エアレースの公式ページを覗かないうちに、Red Bull Air Race World Championship 2017シーズンの開幕戦が決定していました。

 2016シーズンで総合優勝を果たしたマティアス・ドルダラー選手が連覇をかけて臨む2017シーズンですが、その開幕戦がアブダビにて2月10日11日の日程で行われることが決まりました。
 その後の全レースの日程については1月中に発表がある模様です。

 2016シーズンの開幕戦が、同じくアブダビで3月11日12日に行われたので、1ヶ月も早く開催されることとなります。

「レッドブル・エアレース2017 開幕戦の日程が決定!」の続きを読む…

 
 Windows 10の正式リリースから1周年を迎えた、2016年8月2日に配信開始になった「Windows 10 Anniversary Update」
 私も検証の為、自動配信前にマイクロソフトのページから手動でインストールしてみました。

 ところが、配信直後はExcelなどオフィスソフトを開く時に異常に時間がかかったり、Windows LiveMailで、メールを開く時に不具合が起きてメールの中身が消失してしまったり、多数の不具合があり、正常に動かなかったため、仕方なく以前のバージョンに戻して使っていました。

 しかし、アニバーサリーアップデートにも“スタートボタンからすぐにその他のアプリを起動”できたり“Edgeでもお気に入りをピン留め”できたりと便利な面もたくさんあります。
 そこで5ヶ月が過ぎた今、不具合が解消されていないか再度インストールして検証しました。

「Windows 10 アニバーサリーアップデート 不具合が解消されたようです!」の続きを読む…

 
 家電製品は、自分で使ってみなければ良し悪しが分からない点が多々あります。
 中には、買ったけれどイマイチ残念だった商品もありました。

 しかし、ジャパネットたかたで「レイコップ」を購入して早1年、この商品は間違いなく買って良かったと断言できます。
 手軽にハウスダストが取り除けて、UVランプの効果で“ふっくら・さらさら”になり気持ちよく寝られます。
 最近、国内各社もふとんクリーナーを出していますが、もし、レイコップが寿命で壊れたら、またジャパネットたかたでレイコップを買うでしょう。

 レイコップはジャパネットたかたでも大人気で、利益還元祭や年に数回行われる家電祭りでは値引きの上に「標準(黒い)フィルター」までおまけで付いてきます。

 しかし、1年間使った感じでは、マイクロフィルターをおまけに付けてもらった方が嬉しい気がします。

「ジャパネットでレイコップ おまけはマイクロフィルターの方がうれしいかも? 」の続きを読む…

 
 SONY α6500 しなやかで手に巻き付けやすいストラップはズバリ『HAKUBAテーパードストラップ25』です!

 α6500とFE 70-300mm F4.5-5.6 G OSSの組合せは飛行機の撮影には最適で、当分は手放す予定はありませんが、万が一下取りに出す時の為に付属のストラップは使いません。

「SONY α6500 使用レポート(10)手に巻き付けやすいストラップはこれ!」の続きを読む…

 
 私がα6500を購入した理由の中で、タッチパネルに関してはそれ程重視していなかったのですが、まあ有れば便利です。

 私が主な被写体としている飛行機では、指で追うより“ワイド”に設定して自動でフォーカスしてもらった方がはるかに追随性が良いためです。

「SONY α6500 使用レポート(9)タッチパネルの反応は?」の続きを読む…

 
 先日、高感度性能について実写サンプルをアップしました。

 いくら高感度性能が上がったとは言え、ISOを高く設定すればそれなりにノイズが出るし、何枚も撮影するうちに被写体が動くなどの理由から、私はマルチショット・ノイズリダクションも使いません。

 したがって、夜景では三脚を使いスローシャッターで撮ることになります。


 ところが、ミラーレスの薄いボディにFE 70-300mm F4.5-5.6 G OSSを装着すると、非常に不安定ですし、三脚ネジ穴の周りも、レンズマウント部も傷みそうで見ていてかわいそうです。

「SONY α6500 使用レポート(8)            FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS使用には三脚座が欲しい!」の続きを読む…

 
 先日は高感度性能のテストで静止画をアップしたので、今回は動画のサンプルです。

 まずはXAVC S 4K 30p

 30pはα6300と同じで、処理能力の問題らしく若干画角が狭くなります。

 次がXAVC S 4K 24p 
 24pは通常の画角です。 「SONY α6500 使用レポート(7)4K動画は高精細」の続きを読む…