ASUS T100TA-DK532GS 買いました! Surface Pro 2と悩んだ結果です。(5)動画性能など まとめ

スポンサードリンク

 
 ASUS T100TA-DK532GSについて色々書いてきましたが、最後に動画性能を含めてまとめてみたいと思います。
 まとめなので、ここでは要点のみ記載しますが、設定などの詳しい方法はそれぞれの回で、図解で詳しく書いていますので、そちらを御覧ください。

(1)のまとめ
価格については日々変化しているので、価格コムなどで安いお店を探してください。

性能に関しては使い道次第なので、自分の使用用途でどこまで求めるかというところです。不安な方は実店舗で使い比べた上で購入を決めたほうが良いと思います。
使った感じではネット閲覧、Officeで軽い作業をするには必要十分です。
動画性能については後ほど詳しく書きます。

形状・質感価格以上だと思います。
 天板(タブレット部分)はカーボン調のメタリック・グレーで中心から外側へ細い同心円模様でまずまずの高級感があります。
 キーボード部分は打鍵感もしっかりしているし、ハンドレスト部はアルミヘアライン仕上げで安っぽさはありません。塗装ではないので、手の汗で色落ちするようなこともないでしょう。

Office Home&Business2013インストール後のCドライブの空き容量は14.1GBですが、要らないアプリを削除すれば15GBくらいまで空きます。
 プログラムと機能にあるアプリケーションは削除すれば全てのアカウントから消えますが、スタート画面のアプリはアカウントがいくつもある場合それぞれに存在します。個々のアカウントにログイン後削除する必要があります。

(2)のまとめ
・Windows8.1に関してはスタートボタンはあるものの、スタート画面とデスクトップ画面を切り替えるだけのボタンでスタートメニューはありません。
 シャットダウン1つとっても踏まなければならないステップがやたら多く、使いにくいので今までの操作感で使いたい場合は『Back to XP for 8』のインストールをオススメします。

・少ないCドライブの空き容量を温存するには、c:\Users\◯◯(アカウント名)\◯◯
のドキュメントやミュージックなどをd:\◯◯(アカウント名)\◯◯などに移動することをオススメします。ただ、デスクトップとお気に入りだけは移動しないようにしましょう。

機械性能はそれほど低くはありませんが、少しでも体感速度を上げるためにウィンドウやマウスポインタ・タスクバーなどのアニメーション効果は全てOFFにしましょう。

Office Home&Business2013でエクセルなど全てを起動したらすぐに“空 ”のブックが開くよう設定しましょう。

・子どもがタブレットとして使う場合、必ず別のアカウントを作ってファミリーセーフティーで使用制限をしっかり設定しましょう。

(3)のまとめ
・システムの保護は満足に機能しない割にCドライブの空き容量を食いつぶすので無効にしましょう。ただ、パソコンが不具合に陥った場合の選択肢は工場出荷状態に戻すしかなくなりますので覚悟の上で。
 システムドライブがバックアップ領域を含めて32GBしか無いので、仕方ない選択です。

「Back to XP for 8」についてですが、(3)ではASUS T100TA-DK532GSには不向きと書きましたが、(4)で使える方法を解説しています。

Micro SDXCの使用方に関しても(4)で解説しています。

(4)のまとめ
「Back to XP for 8」マグノリアで30日無料試用版が用意されているので、不安な方は先ず試用して下さい。購入はベクターでダウンロード版を買うと安いです。

「Back to XP for 8」を使うと、タブレットで使用時もデスクトップモード同様、検索窓にカーソルを合わせてもタッチキーボードは自動では立ち上がらないので、タスクバーにあるマークをタッチして起動します。それでもWindows標準のスクリーンキーボードよりはずっと速く起動します。

Micro SDXCについてですが、Cドライブの拡張用としてマージすることは出来ません。
 また、挿しっぱなしだとパソコンの起動が失敗することもあるので、Windowsが起動してから、後挿しで使うことをオススメします。

Office Home&Business2013についてですが、Outlookが必要ないからとかで削除しようと思っても全部のソフト・全部の機能がワンセットでインストールされているようで、単体では削除出来ません。不便です。ディスク容量不足の原因です。

(5)最後の最後のまとめ
Windows8.1ですが、使いにくいです!
タブレットで、しかもクラウドに特化したOSという感じです。
 アカウント1つ作るにも、パソコン上に作るのではなくOutlook.comにメールアドレス(アカウント)を作らなければなりません。
 メールアドレスを持たせない子どものアカウントを作ることは出来ますが、その場合そのアカウントに“ストア”から新規アプリを追加することすら出来ません。

 ドメインサーバーを立てている企業のパソコンのように、サーバー様のお許しが無いと何も出来ないような不便さ。
 アプリも何もMicrosoft経由で買わなければならないような囲い込み手法です。

 自作の動画編集パソコンも一度Windows8にアップグレードしたことがあるのですが、あまりの使いにくさに7に戻してしまいました。 2020年までサポートがありますので、自作機は8.1にしません!
  “9?”がまともなOSになることを期待して待ちます。

・ASUS T100TA-DK532GSの動画性能について
 スピーカーはそれほど大音量は出ませんが、タブレットとしては充分な音量と音質です。
 ボリュームを目一杯上げて動画を視聴しても音割れやビビリは全くありません。

 動画に関してですが、YouTube動画はフルHD1080Pで再生してもコマ落ちは全く生じずフルスクリーンで再生できます。

 一方、パソコンに保存した動画は、拡張子.m2tsのAVCHD動画をCドライブ(SSD)に保存しても再生に失敗してファイルを開けません。7の自作機では同じものをWindows Media Playerで再生できるのでコーデックの問題ではないと思います。

 思うに、インテル® Atom™ プロセッサー Z3740は内蔵GPU性能はまあまあなので、YouTubeは再生できるけれど、CPU性能が低くてAVCHDを変換しきれていないといった印象です。

 キーボードドックのHDDに保存した、拡張子.wma の音声ファイルさえ、再生中にストップ・コマ落ちが発生する始末です。
 Cドライブに保存すれば音声ファイルは支障なく再生できますが、空き容量が少ないので、保存したくありません。

 HDDは一応500GBありますが、音楽や動画を保存しても再生できないので、使用用途としては写真やドキュメントの保存くらいですね。
 USBポートはUSB3.0なので、旅先で高画素数の一眼カメラで撮影した画像を保存するなどの用途には使えそうです。

 まあ私は、写真の取り込みとOfficeくらい使えれば、ネット閲覧とブログの更新などには困りませんので、私のニーズにはピッタリの製品です。

HDDのD:ドライブに保存した動画や音楽に関して、追記と訂正 m(__)m

 動画や音楽に関してその後色々試してみました。

 HDDのD:ドライブに保存した音楽ファイル再生時、途中で途切れると書きましたが、PCを起動してすぐなら問題なく再生できることが判りました。

 問題はなんとタイルアプリにありました!
 7までのWindowsだとアプリケーションを終了する時は「×」 マークで終わらせますが、8.1のタイルアプリの場合ウィンドウの上をつまんで画面下に放り投げなければなりません。

 アプリを切り替えた時に画面表示が無くなるので、てっきり終了したと思っていたアプリが裏でたくさん動いていました。
 こいつらにメモリを取られて音飛びが発生していたのです!

 「Back to XP for 8」を使った従来様のデスクトップ画面をメインとして使用し、タブレットとして使う時以外はタイルアプリを使用しなければ、D:ドライブに保存した音楽ファイルも問題なく再生出来ました。

 また、動画に関して言えば、さすがにAVCHD(.m2ts)はAtomでは荷が重いですが、.mp4 ならFull HD動画もコマ落ちなく再生出来ました。

 タブレットならタブレット、パソコンならパソコンでOSを分けてもらいたいものです。
 タイルの無い7のようなOSでもタッチ操作さえできれば、ASUS T100TA-DK532GSなどのハイブリッドPCでも充分タブレットづかいもできるはずです。

 全ては中途半端なOSのせいでした。
 タイル要らねー
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

3件のコメント

  • N

    はじめまして、T100TAを購入検討している者です。

    >>HDDは一応500GBありますが、音楽や動画を保存しても再生できないので、使用用途としては写真やドキュメントの保存くらいですね。

    記事の中にあったこちらの文言が気になったのですが、どういう意味なのでしょうか?Dドライブに保存した音楽や動画は再生できないのですか?
    ご回答お願いしたいです

    • hiroshi

      ご訪問ありがとうございます。

      音楽に関しては再生はできます。
      だだ、着脱式な為か、メモリが少ないからかはわかりませんが、.wmaも.mp3もコマ落ち?(途中で途切れます)します。

      動画に関しては、内蔵GPUの性能はまあまあなので、YouTubeのHD動画は問題なく再生出来ますが、保存してあるAVCHD(.m2ts)はAtomのCPU性能では変換するのに時間がかかり、必ずコマ落ちします。
      タブレット部のSSDに保存した音楽ファイルは問題なく再生できるので、ウォークマンの役目はしますが、HDD部は音楽再生には向きません。(保存するだけはできます)

      使い道としては、タブレットとして使う。
      プラス、時々キーボードドックに接続してOffice作業をする。
      と割り切れば、最高のマシンです!

      所詮Atomなので、動画を扱うには不向きです。
      ネット動画再生にも最高のマシンですが。

      どうしても動画を扱いたいのであれば、ソニーなどのハイブリッドPCをオススメします。

    • hiroshi

       Nさんにご質問頂いてから、動画や音楽に関してその後色々試してみました。

       HDDのD:ドライブに保存した音楽ファイル再生時、途中で途切れると書きましたが、PCを起動してすぐなら問題なく再生できることが判りました。

       問題はなんとタイルアプリにありました!
       7までのWindowsだとアプリケーションを終了する時は×マークで終わらせますが、タイルアプリの場合ウィンドウの上をつまんで画面下に放り投げなければなりません。

       アプリを切り替えた時に画面表示が無くなるので、てっきり終了したと思っていたアプリが裏でたくさん動いていました。
       こいつらにメモリを取られて音飛びが発生していたのです!

      「Back to XP for 8」を使った従来様のデスクトップ画面をメインとして使用し、タブレットとして使う時以外はタイルアプリを使用しなければ、D:ドライブに保存した音楽ファイルも問題なく再生出来ました。

       また、動画に関して言えば、さすがにAVCHD(.m2ts)はAtomでは荷が重いですが、.mp4 ならFull HD動画もコマ落ちなく再生出来ました。

       タブレットならタブレット、パソコンならパソコンでOSを分けてもらいたいものです。
       タイルの無い7のようなOSでもタッチ操作さえできれば、ASUS T100TA-DK532GSなどのハイブリッドPCでも充分タブレットづかいもできるはずです。

      全ては中途半端なOSのせいでした。

コメントを残す