無料ソフト 便利ですが、インストールには注意が必要です!

スポンサードリンク

 
 Officeソフトビデオ編集ソフト写真の補正ペイントソフト音楽の変換ソフトレンタルDVDの解析を行なってクローンを作れるソフトまで無料で出回っています。

 本格的に、ビデオ編集や音楽の変換または写真の補正などを行おうとすれば、それなりに高価なソフトを買うことになりますが、簡易的にそれらを行うだけなら無料ソフトでと考えますよね。

 無料ソフトも、もちろんソフト自体には問題のないものも多いですが、インストールにはちょっと注意が必要です。

 先月、中国検索最大手「百度バイドゥ」製の日本語入力ソフト「バイドゥIME」が文字情報を同社のサーバーへ無断で送信していたということが話題になりました。
 更に、多くの住民情報を扱う、公共機関でもこのソフトがインストールされていたことが公になり大きな問題となりました。

 私もマイクロソフトIMEでは使えない「予測変換機能」は使いたいですが、“中国製ソフト”などは怪しいので“グーグル日本語入力”をインストールしています。
 これですら、インストールには注意が必要です。

 その「バイドゥIME」、日本語入力を楽にしたくてわざわざ入れた人も中にはいるようですが、ほとんどの場合、無料オフィスソフトなどの抱き合わせで、知らないうちにインストールされてしまっていたというケースが多いようです。

 私もRealPlayerをインストールしようとして、「バイドゥIME」がインストールされそうになった事を先日の記事で書きました。 Baidu IME

 

 何と、ブラウザでアニメーションを表示するためのFlash Playerまでオマケが付いてきます。 マカフィー 
 セキュリティソフトがまだインストールされていなければ別ですが、既にインストールされている環境に別メーカーのウィルススキャンソフトがインストールされて、ダブルで動くと競合しますし、パソコンの動作が遅くなったりもします。

 パソコンに慣れてくると、ソフトをインストールする時、利用規約などをよく読まず、どうしても“はい”“はい”“はい”とどんどん進めたくなります。
 しかし、無料ソフトをインストールする時ほど慎重に、利用規約をよく読み、不要なソフトやツールバーなどがインストールされないようにチェックは全て外しましょう

 もちろん、よく見る「製品の機能向上のため、利用状況を◯◯に送信しますか?」というチェックボックスも全てチェックを外しましょう

 また無料ソフトを探す際は、ベクターなどの大手取り扱いサイトで選ぶとより安心です。

 無料ソフトもちゃんとしたサイトで選び、慎重にインストールをすれば便利に使えます。
 よく考えて賢く利用したいものです。

 そして、高機能なものは無料ソフトだとパソコン自体が不具合に陥る事もあるし、無料ソフトの特徴としてサポートが無いのが基本ですから、より高度な作業がしたい場合は、迷わずお金を払って正規品を購入しましょう!

 あと最後になりましたが、あまり知識がない場合、絶対手を出さない方が良いのは“診断ソフト”“パソコンが速くなるソフト”です!

 無料ソフトなどを探しに行くと、決まってバナー広告で表示されているのがこの手のソフトです。
「今すぐここをクリックして、あなたのパソコンの危険性を診断しましょう」とか、「あなたのパソコンが速くなります」とか色々あります。

 べつにソフト自体は“ウィルスでも何でもない”ちゃんとしたソフトなのですが、この手のソフトは例えばパソコンを速くするために、常駐ソフトの起動順や、裏で設定を管理しているレジストリを書き換えたりします。

 なので、不具合が起きた時のため、必ずソフトを作動させる前の状態に戻せるようバックアップを取る機能を備えているのですが、これを知らずバックアップをせずに作動させると不具合が起きた場合、戻す術がなく“リカバリ”せざるを得なくなります。

 私も昔は、少しでもパソコンの動作を速くしようと、これらのいわゆる“ユーティリティソフト”を色々試しましたが、裏でレジストリを書き換えるため、かなりの確率で特定のソフトが起動できなくなるなどの不具合が起きました。

 結論、パソコンを速くしたいなら“ソフトに頼らずハイスペックのパソコンを購入しましょう”ということです。
 より速いパソコンを求めて自作にまで手を出して数年が経過してしまいましたが。 (^_^;)
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

コメントを残す