アリエール パワージェルボール 水の適量は何リットル?

スポンサードリンク

 
 生田斗真さんのCMでお馴染み、第3の洗剤というキャッチコピーの『アリエール パワージェルボール』

 “洗濯機の底にポンと入れるだけ、計量の必要なし!”という謳い文句です。
P1020669
 計量の必要なし?と聞いて、いったい何リットルの水が適量なのかということが気になります。
 

わが家では日頃『アリエールスピードプラス』を使っているのですが、“計量の必要なし”が気になって一箱買ってみました。

 アピールポイントの1つが「消臭力2倍」ということですが、2倍の消臭力を発揮するのは平均洗濯物量(2.6 kg)の場合のようで、当然それより洗濯物が多ければ水の量も増えますので効果は薄まります。 P1020675
それでは上限は何キロまで?ということで、箱には「水量65L以下、洗濯物量6.0kg以下でのお選択に最適」と書いてあります。 P1020672
そして消臭力については実際のところどうでしょう。
 『スピードプラス』でもかなりの消臭力がありますが、ジェルボールは“2倍”を謳うだけあって、確かに男脂臭もかなり低減しています。
 洗いたてだと、レノアの香りが引き立っています。

 とは言え、洗いたてが臭くなくても、時間が経つと脂の臭いが浮き出てくるもの。
 しかしジェルボールでは、乾いたものを畳んでしまっておいても、男脂臭が目立ってくるまでの時間が長いように感じられます。

 汚れ落ちも満足のいくレベルです。
 すすぎも『スピードプラス』と同じく、1回でOKです。

 使い方での注意点は、洗濯機の“底”に入れること。
 洗剤ポケットに入れるとフィルムが溶けきらず、目詰まりして水があふれる恐れがあります。
 また、水で溶けるフィルムなので、濡れた手で触らないこと。
 当然、湿気にも弱いので、専用のプラスチック容器を使いましょう。

 簡単・手間なし・洗浄力もバッチリで消臭力も2倍といい事ずくめです。

 ただ、やはり少量の洗濯物ではもったいない気がするので、急ぎで少しだけ洗いたい時は『スピードプラス』を使い、洗濯物の量が多い時や息子のクラブの柔道着を洗う時などは『ジェルボール』と使い分けています。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

コメントを残す