俳優ロビン・ウィリアムズさん死去 自殺か

スポンサードリンク

 
 11日、米国の俳優でコメディアンのロビン・ウィリアムズさんが、カリフォルニア州サンフランシスコ郊外の自宅で亡くなっているのが見つかりました。63歳でした。 ロビン・ウィリアムズ 先ほど、BSスカパー!を見ていたら、CNNでも特集を組んでいました。
 
 ロビン・ウィリアムズさんの死因についてですが、地元警察当局は、自殺による窒息死とみて詳しく調べると発表しました。

 ウィリアムズさんの広報担当者は同日の声明で、「最近は深刻なうつ状態だった」と明らかにしました。
 ウィリアムズさんはこれまでにアルコール依存症で治療を受けたり、薬物に依存していた時期もあったということです。

 1970年代後半に米テレビのコメディー番組で注目され、1987年に映画「グッドモーニング, ベトナム」で得意のものまねを生かしてDJ役を熱演。その後、1998年には「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でアカデミー賞助演男優賞を受賞しています。

 代表作としては「いまを生きる」「レナードの朝」「パッチ・アダムス」などがあります。

 11日、オバマ米大統領も追悼談話を発表し「ロビン・ウィリアムズはパイロット、医師、妖精、ベビーシッター、大統領、教授、ピーターパン、そしてその間にいるすべてだった。最初は宇宙人として登場し、やがて人の心のあらゆる要素に触れた。私たちを笑わせ、泣かせてくれた。それを必要としている人たちのために、無限の才能を惜しみなく発揮してくれた」とその死を悼んだということです。

 私もロビン・ウィリアムズさんの作品は大好きで、笑えて最後にちょっとホロリとさせる「ミセス・ダウト」なども愛蔵の1本となっています。

「ジュマンジ」も子どもたちと一緒に何度も何度も観ました。

 余談ですが先ほどCNNを見ていて思ったのは、キャスターとコメンテーター2人の合わせて3人分の同時通訳を1人でするのは大変そうということです。
 その話は措いておいて・・・

 CNNでも語られていましたが、ロビン・ウィリアムズさんは誰に対しても優しく接する人柄で、周りに対してすごく気を使うかただったようです。
 親交のあった各界の著名人からもたくさんの追悼の言葉が寄せられているそうです。

 誰にも優しく接するロビン・ウィリアムズさんゆえの、人に言えない苦しみがあったのかもしれません。

 今後、新しい作品でロビン・ウィリアムズさんの姿を見られないのは1ファンとして非常に残念です。
 心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

コメントを残す