DMC-TZ60買いました。SX700 HSやDSC-HX60Vと最後まで悩みましたが・・(3) スーパームーン撮ってみました!

スポンサードリンク

 
 昨日が中秋の名月で、今日9月9日はスーパームーンです。
 次にスーパームーンが見られるのは20年後ということで、カメラに収める事にしました。

 暗いシーンで超解像ズームを使ってどれくらい鮮明に撮れるか試してみました。
 モードはSCN 設定の夜景モードで、あとはカメラ任せで何もいじっていません。 P1010329 超解像60倍ズームでもまあまあ見られる画質です。
 

 因みにこちらは光学30倍です。 P1010323

 三脚を使ったのですが、どうしてもブレます。超望遠なら尚更です。(安い三脚のせい?)
 昔、銀塩カメラの時代はスローシャッターの時、ケーブルレリーズなるものを使いました。

 柔軟性のあるケーブルの後ろのボタンを押すと、先から細い棒が飛び出してシャッターが切れる仕組みです。カメラに直接触れないので、ブレを防ぎます。

 さて、ケーブルレリーズを差し込む穴がないコンデジではどうする?

 答えはセルフタイマー!
 シャッターボタンを押してカメラから手を話せば、撮影の瞬間カメラに触れていないのでブレません。

 そして、ブレ防止にセルフタイマーを使う時のおススメの設定は2秒!
 10秒も待っているとシャッターチャンスを逃します。

 今日のスーパームーンの撮影でも、10秒の間に雲が流れてきて月を隠したりしました。
 DMC-TZ60 にはセルフタイマーの時間設定が2秒と10秒の2種類あります。

 設定変更の方法は説明書をご覧下さい。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す