ガス乾燥機『乾太くん』新型はフィルター1枚だけど大丈夫?

スポンサードリンク

 
 新しくなってRinnai製に代わったガス乾燥機『乾太くん』
P1030779_R 以前、松下製の時には有った不織布フィルターや紙フィルターが無くなって、ネットのフィルター1枚のみになってしまいました。
P1030800_R ※3キロタイプは今でも不織布フィルターや紙フィルターがあります。
 そうなると心配になるのが、排気管がホコリで詰まらないかということです。
 

 長男が生まれたばかりの頃、赤ちゃんがいると洗濯物も増えるし、清潔なものを着せてやりたくてガス乾燥機『乾太くん』を購入しました。
 その頃から洗濯乾燥機が増え始めましたが、やはり乾燥時間の短さとランニングコストの安さに惹かれてガス乾燥機を選びました。
 その為、今でも洗濯機は、機種数が減ってしまって選ぶのが大変な“乾燥機なし”を買っています。

 その最初に買った乾太くんも15年使ったある日、点火しなくなってしまいガスだけが漏れるようになったので、買い替えとなりました。
 乾太くんと一緒に過ごした長男ももう高校生です!

 前モデルの『乾太くん』はMA-◯◯という型番の松下製でした。
 そして、現在のモデルはRinnai製となっています。

 価格.comで見てもわかるように、一般のガス器具店で販売されるものはメーカーロゴが『Rinnai』となっていて、品名もRDT-52Sと書かれていますが、東京ガスライフバルで購入したものは全く同じ製品なのに、ロゴが『TOKYO GAS』と印字されていて、品名はRN-050B-STとなっています。
P1030792_R 取扱説明書には型式名としてRDT-52Sと印刷されています。

 Rinnai製になっていちばん変わったことは、前モデルで奥に有ったフィルターが扉側に移動したことです。
P1030798_R これにより、奥に手を入れてフィルターを外さないで済むのでメンテナンス性が向上しました。
 そして、5キロタイプでは「糸くずポケット」というカバーとネットのフィルターだけになり、不織布フィルターや紙フィルターは用意されていません。
P1030809_RP1030801_RP1030800_R
 前モデルの時は紙フィルターを買わず不織布フィルターを使用していて、毎回、ネットフィルターと不織布フィルターを外して掃除機で吸い取っていました。
 ネットフィルターの後ろの不織布フィルターまでホコリで真っ白になっていたものです。

 現在のモデルはネットのフィルターだけなので、排気管の方までホコリが行かないか心配でした。
 しかし使ってみた結果ですが、表にホコリが付いた状態で裏を見ても、しっかりネットで止められていて通り抜けていません。
 ネットの目が細かいのか、目の形状が違うのかはシロウトにはわかりませんが。
P1030828_RP1030833_R フィルターの後ろ側(扉の裏)も殆ど汚れていません。
P1030834_R

 その為、普段は「糸くずポケット(カバー)」だけ外して、フィルターの表側だけ掃除機で吸い取れば十分です。

 週に1度程度、内フィルターを外してフィルターの裏側と扉の裏を吸い取れば良いのでメンテナンスはだいぶ楽です。

 メンテナンスについて詳しく述べて来ましたが、その他使用感も前モデルとの比較を含めて少しだけ書いておきます。

 上のほうの写真でもわかるように、取り出し口が以前より大きくなり、しかも下に寄っているので、取り出しもかなり楽になりました。

 あと変わった点は、プラズマクラスターが付いて静電気が抑えられたり、消臭が出来たりすることです。

 タイマーの時間設定も以前は10分単位だったものが5分単位になりました。
 ウチのように、濡れたものを最初から乾燥させず、一旦干してから少し湿気っぽい時や、春の季節、花粉落としに使うことが多い家庭には重宝かもしれません。
 ただ、逆算タイマーの表示は20→19→18というように1分単位では表示されず、20→15→10→5→15分単位で最後の1分だけ1と表示されます。この点は退化ですね。

 あと面倒なのは、乾燥が終わり“ピーピー音”が鳴って自動的に一時停止したあと必ず冷却運転になってしまうことです。
 冷却運転せずに洗濯物を取り出す場合、(Yシャツなど、熱いうちに取り出して広げたほうがシワになりにくいので)そのまま電源OFFにはできず、扉を開けた状態で電源ボタンを長押ししなければなりません。
 どうしてこのような設定にしたのか、意味がわかりません。

 まあ、全体的な評価としては概ね良好といったところです。

 価格については、一般のガス器具店で買った方が絶対安いのですが、後々の保証や修理を考えて、今回は東京ガスライフバルで買いました。

 概算ですが、本体価格14万強その他工事費、壊れた製品の引取など諸々含めて、値引き後価格17万強でした。
 設置台についてですが、今回の製品は前排気で扉が重くなっている為、前製品の設置台は流用できません。こちらも買い替えとなります。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す