新東京駅!? 「都心直結線」構想 京成線各駅停車は益々不便に!?

スポンサードリンク

                         
 丸の内仲通りの地下40メートルに「新東京駅」を新設。既存の成田スカイアクセス線、京急線を活用しながら、押上駅(京成線・都営浅草線)と泉岳寺駅(浅草線・京急線)を約11キロの新線で結ぶ計画が具体化してきました。
 開通すると、新東京―成田空港間が36分、新東京―羽田空港間は18分に短縮。国際空港からの距離問題があった東京の都市機能がアップするという事ですが、既存の各駅停車がどうなるか。一番気になります。
都心直結線

 東京五輪の旗印の下、施設や交通網などを整備するということで、建設業界は株価も上がり過去にない活況を見せているようです。
 これから人口も減ってくるというのに新線が必要なのでしょうか?
 老朽化したインフラの整備が先のような気がしますが・・
 結局、自民政権に戻るとゼネコンべったりで昔に逆戻りですか。
 また税金のバラ撒きが始まるのでしょうか? 国の借金が1000兆円超えたというのに。
そして、そのツケは孫子の代に先送りするわけですね。

 話は「都心直結線」に戻ります。
 我が家は京成本線の各駅停車しか停まらない駅を利用するところにあります。

 そして京成本線・京成押上線共に都内区間は上下1本ずつの複線なわけです。
 西武線などのように複々線なら特急など、「どうぞご自由に走らせて下さい」と言いたいですが、京成の場合上下各1本しか路線がありません。

にも関わらず、成田スカイアクセス線(北総線経由のスカイライナー)はあるし、京成本線経由のモーニング/イブニングライナーはあるし、その合間に“特急”だ“急行”だ“快速特急”だと各駅に停まらない電車をひっきりなしに走らせています。
 その為平日の昼間などは、京成本線・千住大橋駅ではスカイライナー・特急・快速特急など1回に3本も通過待ちさせられることもあります。

 今回の直結線は都営浅草線・京成押上線方面を利用するので直接は関係しませんが、青砥駅で両方の路線が交わるので、電車のやり繰りなどから更に通過待ちの時間が増えそうな予感があります。
 遠くから通う、運賃の高い人は利便性が高いですが、“運賃の安い近隣住民は相手にしないよ”という姿勢が見え隠れします。
 都心から遠い、土地の安いところに京成関連の不動産会社がたくさん家を建てて販売しているというのもあると思います。

 京成線、随時高架化が進められているようですが、高架にしたあと今までの線路を撤去せずに各駅停車オンリーで利用するようにして、高架の方をスカイライナーや特急などで利用することにしてほしいです。

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

1件のコメント

  • 間宮林蔵

    それに賛成!
    なのですが、数年前に、同じ案を出しで、¨単線の金町線(柴又~金町間)¨を複線化したらという案を京成に出しました。
    返ってきた返答は、『人が乗らない金町線に、金をつぎ込む分けにはいかない。』でした。
    まぁ、本線は金町線よりも人が乗るかはいいのかな?

コメントを残す