マツコ・デラックス 港区が嫌い? 私もキライです。

スポンサードリンク

 
 先日放送の『マツコの知らない世界』
「マツコの知らないママチャリの世界」の中で、マツコさんは「港区が嫌い」というような発言をしていました。
 4月には『トーキョーライブ22時~ニチヨルまったり生放送中~』(テレビ東京系)で、浅田舞さんも、「港区出身の人物はドヤ顔で港区に在住していることを宣言する」と発言して話題になったようです。

六本木と六本木で12本木?

六本木と六本木で12本木?

 実を言うと、これらの報道がなされる前から、私も「港区が大嫌いです!」
 理由は『訪れる人に優しくない街』だからです。
 

 港区と言えば、六本木・青山・麻布など高級ブランド店や高級飲食店が並ぶオシャレな街でもあります。

 “訪れる人にやさしくない”と前述しましたが、高級店で「お金を落とす人には優しい」街です。

 それではなぜ、訪れる人に優しくないのか理由を述べていきます。

 私は外回りの仕事で港区方面にも頻繁に行きます。しかも仕事上必要なのでクルマで。

 外回りの仕事で何が困るかといえば、1番は、やはりトイレです!
 夏場は回数が減りますが、冬などは生理現象で何度も・・・
 それが港区に行くとトイレを探すのに一苦労です。

 それは、歩きなら駅周辺などにはあるでしょう。

 しかし、横にクルマが停められる公衆トイレトイレのある公園がなんと少ないこと!
 なので、数少ないそのような場所には常連のタクシーがワンサカ停まっていて、よそ者が入り込む余地が無いほどです。(国道246沿・高橋是清翁記念公園前とか)

 以前、ファミリーマートはトイレが借りやすいという内容の記事を書きましたが、港区のコンビニには、まず駐車場は見当たりませんし、店の前に停められたとしても、「トイレ貸さない率」が高いです!

 “店員さんに一声かけてから・・”どころか、スタッフオンリーの扉の奥にしかトイレが無い店舗が多いです。イジメか?

 そしてコインパーキングもバカ高い!
 六本木周辺では15分600円などというボッタクリも横行しています。
 上限の設定が無いところも多いし、有ったとしても8時間5,000円だったり6,000円だったりします。固定資産税が高いからしょうがないか?
 駐車監視員も多いので、仕方なく停めますが・・

 まあ、遊びや買い物なら電車で行くのがベストでしょうけど、仕事ならそうもいきません。
 私なんかは1か所20~30分で片が付く仕事ですが、これが工事とかで来ている人だったら?
 駐車料で5千6千もかかったら、個人で営んでいる人なら赤字ですね。

 トイレにしても何にしても、“高い店を利用してソコで借りろよ”ということでしょうか?
 街ぐるみ・区ぐるみで高い金払わせて、税収上げろ!という陰謀にも思えてきます。

 というわけで、私は港区が大っキライです。

 あくまでも私の個人的な見解です。
 クルマを停めやすい公衆トイレマップや、料金が安価なコインパーキングマップなどありましたら、港区職員のかた、投稿してください。

 以上、貧乏人のヒガミでした。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

コメントを残す