消費税8% 低所得者に1人1万円支給!?

スポンサードリンク


 来年4月消費税が8%になることはどうやら決定のようです。

 2014年4月に予定通り8%へ引き上げた場合でも、15年10月の10%への引き上げについては、あらためて対応を検討する意向を示したそうです。

 そして、消費税8%に上げた時点で、低所得者への措置として家族全員住民税非課税の世帯は1人年間1万円を支給することで検討しているみたいです。

 試算では、消費税を現5%から8%へと3%上げた場合、食料品の消費税が1人年間6300円増えるそうで、それを埋めるために1万円支給するそうです。
“だったら6300円でいいじゃん” とも思えますが。

 公平に税負担する意味で所得税ではなく消費税を上げるのに、「何か違うな」という気がします。
 ただでさえ住民税払っていないのに・・

 デリケートな問題なので、最初にお断りしておきますね。

 本当に体が弱かったり、病気だったりして働けない方もいます。
 死に別れや家庭内暴力などの影響で片親だけになってしまって、大変な思いをして子どもを育てている方もたくさんいらっしゃいます。
 そして、子だくさんの家庭でも一所懸命働いて真面目に子どもを育てている家庭も大多数だということは承知しています。

 その上で苦言を申し上げると、中には極々少数ですが“ずるをして”税金を逃れたり生活保護(一時騒がれた生・保  ナマポ)を受給している人もいると聞きます。

 本当はそんなことは無いのに“体が弱くて働くことが出来ない” と、うまいことごまかしてナマポを受給している人がいます。(怠けて働く意欲が無いのも、まあ病気と言えば病気と言えないこともないですが・・)
“体が弱い” と言っているのに、毎年のように子どもがポコポコ生まれます。

 偽装離婚も多いと聞きます。
 本当は離婚していないのに籍だけ抜いて、ナマポでは無く児童手当などありとあらゆる制度を最大限に利用して毎月30万の収入?を得ている人もいると聞きます。
 こちらも離婚しているはずなのに、毎年のように子どもがポコポコ生まれます。

 少子高齢化が叫ばれる昨今、子どもは確かに国の宝です。
 多いほうがいいです。

 ただ、こういう親の姿を見て育った子どもたちは、成長してもまた、“支える側” ではなく永遠に “支えられる側” での連鎖が続く気がしてなりません。
 もちろん、子どもに責任はありません。
 前に回転寿司の話題の時にも書きましたが、子どもは親の姿を見て育ちます。その親もまたまた親の姿をみて育ちました。
 反面教師というのも稀にはありますが、だいたい負の連鎖は続くものです。

 こういう親に限って、就労証明書だけ先に書いてもらって直ぐパートを辞めます。
 辞めたにも関わらず、子どもを保育園に預けます。
 勿論保育料は払いません。非課税世帯なら制度上免除のはずですが。
 払える経済状況になっても払う気はありません。

 小学校に行くようになっても給食費は払わないでしょう。

 ここまで、決めつけて書いてしまいましたが、ごく一部では本当にある話。
 大多数の 真面目に頑張っている人の為にもドンドン取り締まりしてほしいものです。

 人手が足りなくて物凄く大変と思いますが、ナマポGメン応援したいです。頑張れ!!

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す