エルトン・ジョン 横浜アリーナライブ WOWOWで1月放送

スポンサードリンク

 
 11月18日(水)に横浜アリーナで行われたエルトン・ジョンさんのライブ!
 私も行ってきましたが、素晴らしい歌声と演奏でした!

 そのライブの模様をWOWOWが生中継したわけですが、1月にも放送が予定されているようで、録画することができなかった私はこの機会に加入しようかと真剣に考えています。

P_20151118_170123_R 雨の中、“グッズ先行販売”の列に10番目くらいで並び、無事お目当ての商品をゲットすることができました。

P1040502_R パンフレットが3,000円、Tシャツが各3,500円、マグネットが1,000円でした。
 このグッズですが、定価のあるものではないので、在庫と売れ行きによって価格が変動するのですね。
 ネットのグッズ情報では、前日まで(たぶん大阪で売られた価格)パンフレットは2,500円、Tシャツは4,500円と表示されていましたが、当日の朝確認したら、パンフレットは↑でTシャツは↓となっていました。
 余談ですが、1,000円で買ったマグネットセットは、磁力が弱く、“自分が”冷蔵庫に貼り付いているのがやっとで、メモ紙などは付きません。まあ、飾りということで・・

 グッズ先行販売のあと、開場まで一旦出されたので、夕食がてら横浜アリーナの周りをひとまわり。
 裏にはWOWOWの中継車もスタンバってました。
P_20151118_173457_R

 ライブの内容ですが、オープニングの「Funeral for a Friend-Love Lies Bleeding」から始まって、ラストの「Sartuday Night’s Alright For Fighting」、アンコールの「Crocodile Rock」まで全24曲、トークは曲紹介・メンバー紹介くらいで、内容の濃い”聴かせる”ライブでした。

 演奏曲と曲順は「エルトン・ジョン 横浜アリーナ セットリスト」と入力して検索すれば、紹介しているサイトがワンサカ出てくるので、あえてここでは載せません。

 70年台、80年台のヒット曲を中心に、感動的な内容でした。
 ここ数年のライブ動画をYou Tubeなどで視聴すると、ちょっと歌声に元気がないような気がして(私の気のせい?)心配していたのですが、今回のツアーは68歳とは思えない声量で、“これぞエルトン!”という歌声を聞かせてくれました。
 お顔も近年になく引き締まった印象で、今回のツアーにかける意気込みが感じられます。

 さすがに、昔のような高音は出ませんが、そこはバンドメンバーのコーラスも上手く合っていて、プロの演出に脱帽です。
 初期の作品から一緒に活動しているナイジェル・オルソン(Nigel Olsson / dr)さん、デイヴィ・ジョンストン(Davey Johnstone / g)さんもお元気な様子で、とてもカッコ良かった!
 ピアノの演奏も超絶テクニックで、長いピアノソロを聞かせてくれて、“これって何の曲だっけ?”と思っていると、そこからお馴染みの曲へと移行していって、アレンジも素晴らしかったです!

センター席は最初からほとんどのかたが、スタンディングでしたが、20曲目の「The Bitch Is Back」辺りから、アリーナ席も総立ちで、アンコールの「Crocodile Rock」では会場一体となって“ラーラララララー”の大合唱!
 夢のような2時間半でした。

 ところで、今回のライブで気になったのが、場内で演奏中もスマホで写真撮ってる奴ら!

 もちろん、入口ではカメラチェックも行われていますし、開演前のアナウンスでも何度も“写真撮影お断り”の注意もしていて、これはマナーではなくルール

 そやつらの行動を観察してみると、どうやら撮った写真をすぐどこかに送信している風です。

 こういう約束を守れない連中は、どうせ日頃、”ニュースサイト丸写し”の役にも立たないコピペ記事をアップしまくってる“くそブロガー”“SNSジャンキー”なのでしょうけど、そこまでしてアクセス欲しいですかね?

 音楽をちゃんと楽しみに来てる人たちにとって、目障りだから来るな!
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

2件のコメント

  • Pocky

    私はアリーナ席で観ていました。
    ご指摘のようなふとときな輩は非常に残念でなりません。
    SRご担当の方の調整がうまく行かなかった様(上げすぎでバランス欠いていた様な感じ)で舞台反対側の反射エコーが大きく2重に聞こえて来るのは残念でした。(気になってしまった)
    僕の好きな Someone Save My Life Tonight がなかったなー・・・。
    あと公演時間を焦っていた様な感じで、比較的早く会場を出たと思ったのですが、楽屋導入口がオープンされていて速攻で会場を片付けている様子が見て取れました。

    • hiroshi

      そう言えばSomeone Save My Life Tonight無かったですね。

      私も Captain Fantastic and the Brown Dirt Cowboyは大好きなアルバムです。
      コンセプト・アルバムとしてGoodbye Yellow Brick Roadに次ぐ名盤かと思います。

      お詳しいようなので、また色々とご教示いただけると嬉しいです。

コメントを残す