Windows 10 勝手にスリープに入ってしまう? 設定変更方法は?

スポンサードリンク

 
 先日、 Live mail文字化け解消法の記事のコメント欄に、“勝手にスリープに入ってしまう”という質問を頂きましたので、今回はスリープの設定について図解していきたいと思います。

 Windowsの場合、ある1つの設定もパソコンメーカーの独自ツールからや、またWindows機能の設定方法からも、いろいろなルートで変更する事が出来てしまいます。
 便利と言えば便利ですし、逆にそれが作業を複雑にしている点でもあります。

 一般的にはどのルートから行っても、最後に設定したものが“生きる”ようになっています。
 ですので、今回の図解で全て解決できる保証はありませんが、Windows 10での一般的な設定方法を解説していきます。

 まずは、スリープ休止状態、そしてハイブリッドスリープに違いについてザッとおさらいしておきましょう。

スリープ:作業していた内容と設定をメモリに保存し、最低限の電力消費で動いている。

休止状態:開いているドキュメントとプログラムをハード ディスクに保存して、電源を切る。(主にノートパソコン用の設定です。アダプターにつないでいない場合はこちらをえらびましょう)

ハイブリッド スリープ:スリープと休止状態を組み合わせたもので、開いているすべてのドキュメントとプログラムをメモリとハード ディスクに保存しますが、省電力で動いている為、すぐに作業を再開できます。
また、ハードディスクにも保存されている為、突然の停電などでも作業を再開できます。(デスクトップでパソコンは通常オンになっています)

 それではここから電源オプションについて図解していきます。

1スタートボタンを右クリック→「電源オプション」をクリック

2「ディスプレイの電源を切る時間の指定」「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」のどちらかをクリック

3簡易的にはこのページで変更して[変更の保存]をクリック

4休止状態など、更に細かく設定したい場合は、「詳細な電源設定の変更」をクリック

5ハードディスクの電源を切るまでの時間など、細かく設定できます。

6意味の解らない項目も、マウスオンすると内容がポップアップされるので分かり易い。

 これで、あなたも電源設定の名人です!
 無駄な電力消費を抑える“エコ設定”もパフォーマンス重視の“ハイパワー設定”もお好みでどうぞ。

 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す