PowerDirector14 4K動画変換はQuick Sync Videoのみ!?

スポンサードリンク

 
 先日、SONYα6300+E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSSの使用レポートの中で、4K動画の実写サンプルを掲載しましたが、今回はそのサンプル動画の作成についてです。
DSC00009
 その際、AMD RADEON ではハードウェア ビデオ エンコーダーが効かない事が発覚しました。

 まず元となる動画は、メモリーカードの速度検証の意味も兼ねて、α6300の4K動画最高画質であるXAVC S 3840×2160/30p(100Mbps)で撮影しました。

 何本か撮影したビデオクリップを取り込み、不要な部分をカットし、クリップ間にフェードを入れ、字幕の挿入などを施し、YouTubeにアップできるよう1本にまとめ上げレンダリングします。


 吐き出す動画はPowerDirector14での4K最高画質XAVC S 3840×2160/30p(60Mbps)です。
amd0 4K画質を選択すると、「ハードウェア ビデオ エンコーダー」の項目がグレーアウトしていてチェックが入れられません。
 AMD RADEON R7 370でも、同じXAVC SのFull HDまではハードウェア ビデオ エンコーダーが選択できたのですが。

 ハードウェア ビデオ エンコーダーが効かないとなれば、当然CPUだけでエンコードすることになります。

amd2 4(仮想8)コアともフル稼動です。

amd1 消費電力も高く、温度はウナギ登りでファンはフル回転です。

amd4 6分の動画を吐き出すのに、所要時間12分前後と表示されていたのですが、熱が上がり過ぎた為か、(CPUクーラーはもちろん大型のものを載せていますが)最後まで到達すること無くパソコン自体が落ちてしまいました。

 そこで、どうしようか悩んだ結果、オンボードグラフィックの方にディスプレーを繋ぎ直してQuick Sync Videoを試みることに。

QuickSyncビデオ0 こちらにしたらPowerDirectorの表示もintel Quick Sync Videoが現れ、高速ビデオレンダリング技術が使えるようになりました。

QuickSyncビデオ2 Quick Sync Videoが効いていると、CPUの使用率も約半分で消費電力も低く抑えられています。

QuickSyncビデオ1 CPUの温度が低いため、ファンも静かです。

QuickSyncビデオ4 同じ6分の動画を吐き出すのに、所要時間7分前後と大幅に短縮されました。
 しっかり、4K動画が生成され、YouTubeにアップできました。

 こうなってくると、私はゲームもやらないですし、ビデオカードを挿しておく意味があるのか考えどころです。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す