SONYα6300+E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS 使用レポート (6)静止画高感度性能は?ISO別のサンプル画像を掲載

スポンサードリンク

 
 今回は、東京の2大タワーをハシゴして静止画と動画のサンプルをたくさん撮って来ました。

 容量が大きいので、拡大サイズはGoogleフォトに置いて公開しています。
 サムネイルをクリックするとジャンプします。

 まずはピーカンの東京タワーから。

DROAC

ISO:100=シャッター速度:1/1000秒=絞り: f/4.5=焦点距離:26 mm

DSC00323

ISO:320=シャッター速度:1/320秒=絞り:f/16=焦点距離:200 mm

DSC00324

ISO:320=シャッター速度:1/320秒=絞り:f/16=焦点距離:200 mm=全画素超解像ズーム

 
 午後、曇ってきてしまいましたが、今度はスカイツリーで夜景まで粘り、ISO100~51200まで全てサンプルを作成しました。

 今回のサンプルはISO感度を変えているだけで、露出は全てプログラムオートで撮影しています。
 また、焦点距離はレンズ表記の実焦点距離なので、35mm換算では表示の1.5倍となります。

DSC00416

ISO:100=シャッター速度:1/320秒=絞り:f/8=焦点距離:18 mm

DSC00417

ISO:100=シャッター速度:1/500秒=絞り:f/8=焦点距離:200 mm

DSC00420

ISO:100=シャッター速度:1/500秒=絞り:f/8=焦点距離:200 mm=全画素超解像ズーム

 
 それではISO 100から順に見ていきましょう。

DSC00566

ISO:100=シャッター速度:5/2秒=絞り:f/3.5=焦点距離:18 mm

DSC00567

ISO:200=シャッター速度:13/10秒=絞り:f/3.5=焦点距離:18 mm

DSC00568

ISO:400=シャッター速度:3/5秒=絞り:f/3.5=焦点距離:18 mm

DSC00569

ISO:800=シャッター速度:3/10秒=絞り:f/3.5=焦点距離:18 mm

 ISO 800までは、かなりキレイです。
 

DSC00570

ISO:1600=シャッター速度:1/6秒=絞り:f/3.5=焦点距離:18 mm

 まあ、実用的に許せるのはISO 1600まででしょうか。
 

DSC00571

ISO:3200=シャッター速度:1/13秒=絞り:f/3.5=焦点距離:18 mm

DSC00572

ISO:6400=シャッター速度:1/25秒=絞り:f/3.5=焦点距離:18 mm

DSC00573

ISO:12800=シャッター速度:1/50秒=絞り:f/3.5=焦点距離:18 mm

DSC00574

ISO:25600=シャッター速度:1/80秒=絞り:f/4=焦点距離:18 mm

DSC00575

ISO:51200=シャッター速度:1/100秒=絞り:f/5=焦点距離:18 mm

 3200からあとは、オマケですね。L版くらいにプリントするなら6400くらいまでは“まあアリかな”というところです。

 12800~拡張ISOの51200までは、画質は関係なく、とにかく暗いところで写したいという場合でなければおススメできません。

 51200などは、よくテレビのニュースで見る街角防犯カメラの映像のようです。

 α7s系の高感度性能は別次元ですが、α6300では無理のようです。
 

DSC00581

ISO:800=シャッター速度:3/5秒=絞り:f/6.3=焦点距離:200 mm

 初期設定では、1秒以上のスローシャッターの時、長秒時NRが効きますので、ISO 800くらいまでに抑えて、三脚を立てて撮影すれば望遠側でもこれだけキレイな写真が撮れます。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す