SONYα6300+E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS 使用レポート (9)予備バッテリーは絶対必要!

スポンサードリンク

 
 今回はバッテリーのモチについてレポートします。
 カメラとレンズ購入時に、アクセサリーキットとして予備バッテリーとチャージャーのセットを同時購入しましたが、パワーズームを多用するとどうしても減りが早いので、更に1つ予備バッテリーを購入しました。


 メーカー仕様表の撮影可能枚数は以下のようになっています。
静止画撮影可能枚数/時間
ファインダー使用時:約350枚
液晶モニター使用時:約400枚
(CIPA規格準拠)

実動画撮影時
ファインダー使用時:約70分
液晶モニター使用時:約75分

 ただ、私の環境では静止画130枚と、30秒程の動画を15本ほど撮ったところでバッテリーが無くなりました。
 静止画はマニュアルズーム使用で、パワーズームは動画のみの使用です。

 今回、私はサンプル撮影の為に、何枚か撮る毎に頻繁に設定変更を繰り返していたので、そこでバッテリーが減ったということも有るかもしれません。
 通常撮影ならもう少し持つと思います。

 ただ、静止画・動画・タイムラプスと取り混ぜて、丸1日撮影して回るには2つだと少し心細い感じがします。

 本体付属分と予備が2個あれば、安心して夜まで撮影が楽しめます。

 そして、フル充電のバッテリーと空のバッテリーの見分け方ですが、メーカーによっては付いているスライド式のマークなどは、α6300用のバッテリーにはありません。

 本体に挿入してみれば分かることですが、ハズレて入れ直すのは面倒です。

P1050124 私の場合、100均で売っているチャック付きのビニール袋を利用しています。
 充電済みは「F」の袋に、使用済は「E」の袋に入れれば、簡単に識別できます。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す