レッドブル・エアレース2016 第7戦・インディアナポリス 室屋義秀選手は5位で6ポイント獲得

スポンサードリンク

 
 10月1・2日に開催されたレッドブル・エアレース2016 第7戦・インディアナポリス。
 室屋選手はジャッジに泣かされる形でラウンド・オブ8でドルダラー選手に敗れてしまいました。


 予選を1位で通過した室屋選手ですが、結果は5位で6ポイント獲得ということに。

第7戦インディアナポリスの順位は
1.マティアス・ドルダラー
2.ナイジェル・ラム
3.ピート・マクロード
4.マット・ホール
5.室屋義秀
6.ニコラス・イワノフ
7.マルティン・ソンカ
8.フアン・ベラルデ
9.ペトル・コプシュタイン
10.マイケル・グーリアン
11.ピーター・ポドランセック
12.フランソワ・ルボット
13.クリスチャン・ボルトン
14.カービー・チャンブリス

そして気になる年間順位は
1.マティアス・ドルダラー
2.マット・ホール
3.ハンネス・アルヒ
4.ナイジェル・ラム
5.ニコラス・イワノフ
6.室屋義秀
7.マルティン・ソンカ
8.ピート・マクロード
9.カービー・チャンブリス
10.マイケル・グーリアン
11.フアン・ベラルデ
12.フランソワ・ルボット
13.ピーター・ポドランセック
14.ペトル・コプシュタイン
15.クリスチャン・ボルトン
となっています。

 第7戦までのポイントはマティアス・ドルダラー選手が80.25、2位のマット・ホール選手が55.75に。
 これにより、第8戦でドルダラー選手が0ポイントで、ホール選手が15ポイントでも逆転は無いため、マティアス・ドルダラー選手の年間チャンピオンが確定しました。

 ナイジェル・ラム選手が現在37.75ポイントの為、ホール選手の年間2位も確定的です。

 残るは年間3位の座ですが、4位のナイジェル・ラム選手から9位のカービー・チャンブリス選手までの差が僅か7.5ポイントの為、この結果も見逃せません。

 残るラスベガス戦、最後の最後で、室屋選手の優勝、そして年間3位を祈っています。
 自国開催のカービー・チャンブリス選手・マイケル・グーリアン選手の活躍も期待したいところですが、これだけは譲れません。

 ※追記:第7戦インディアナポリスの放送日が決定しました。
 10月18日火曜日 NHK BS1 午後8時00分~ 午後9時50分となっています。
 第8戦、ラスベガス(10月15~16日)開催よりも後ということで、年間2位・3位も確定した後なので、ちょっと残念です。
 せめて、15日よりも前に放送してほしかった・・・まあ、第7戦の前にハンネス・アルヒ氏が無くなったり、代わりにクリスチャン・ボルトン選手が加わったりと、編集にも配慮が必要でしょうから仕方がないですかね。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

コメントを残す