レッドブル・エアレース2016 第8戦・ラスベガス 強風でキャンセルに・・

スポンサードリンク

 
10月15・16日にラスベガスで開催されたレッドブル・エアレース第8戦
予選に引き続き、強風のため決勝レースもキャンセルに。

 おまけに、別の理由ですが、楽しみにしていた埼玉スカイスポーツフェスタ2016での室屋選手のアクロバットフライトも中止になってしまいました。


 年間総合順位によって対戦が決められた全7ヒート中、5ヒートまでが終わり、6ヒート目で先に飛んだクリスチャン・ボルトン選手のフライトが終わったところで、再びパイロンを倒すほどの強風となり、結果、レースはキャンセルとなりました。

 最終戦ラスベガスは全てのセッションがキャンセル扱いとされ、ポイントの加算が行われないことが決定。

 これが現役最後のフライトになるはずだったナイジェル・ラム選手もフライトすることなく今シーズンを終えることとなり、非常に残念な結果に。

 年間総合順位は前戦インディアナポリス終了時のランキングで確定しました。
2016シーズン、各選手の順位とポイントは以下の通りです。
1.マティアス・ドルダラー    80.25p
2.マット・ホール                  55.75p
3.ハンネス・アルヒ              41.00p
4.ナイジェル・ラム              37.75p
5.ニコラス・イワノフ           35.00p
6.室屋義秀                         31.50p
7.ピート・マクロード            30.50p
8.カービー・チャンブリス     30.25p
9.マルティン・ソンカ            25.00p
10.マイケル・グーリアン      19.75p
11.フアン・ベラルデ            14.25p
12.フランソワ・ルボット       10.00p
13.ピーター・ポドランセック   4.00p
14.ペトル・コプシュタイン      4.00p
15.クリスチャン・ボルトン      0.00p

 第3戦幕張でも予選がキャンセルになるなど、とにかく天候に左右された今シーズンですが、そのような中でも安定した強さを見せ80.25pを叩き出し年間優勝を果たしたマティアス・ドルダラー選手はお見事というしかありません。

 来年こそは室屋選手の番と思い、これからも応援していきましょう!

 しかし、いつになったら室屋選手の機体にウイングレットは許可になるのでしょうね。
 昨年、NHKの室屋選手の特集番組では、辻よしなりさんのインタビューに「来シーズンからウイングレットが・・・」というような話が有ったような気がしますが。
 ウイングレットが無くても速すぎるから許可にならないのでしょうか?
 シロウトの私が詮索することでもないですけど・・・

 そしてもう1つの話題、埼玉スカイスポーツフェスタ2016ですが、室屋選手のアクロバット飛行&サイン会があるということで、レンタカーの予約までして(ウチの車は子どもの習い事の送迎で妻が使うので)楽しみにしていたのですが、10月10日のグラインダー事故の影響で中止となってしまいました。

 まあ、アメリカのラスベガスで飛んで、1週間後に日本の埼玉で飛ぶのは大変だとも思っていましたので、室屋選手お疲れさま!ということで。

あとは11月26日(土)に開催されるFLY AGAIN TSUCHIURA 2016でのエアショー&握手会を楽しみに待ちます。

 第8戦はキャンセルになったので、テレビ放送はないかもしれませんね。
 NHKさんとどういう契約になっているか分かりませんが、放映権を買っているでしょうから、もしかすると年間総集編としてラスベガス・フリープラクティスの一部が放送される可能性はあります。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す