SONY α6500 使用レポート(2)おすすめのメモリーカードは?

スポンサードリンク

 
 以前、α6300のレポートの際、4K動画の書込みにはどれくらいの速さのメモリーカードが必要か“bps”という単位の解説を交えて書きました。

 その中で、100Mbps の4K動画の書込みでも(速いに越したことはありませんが)理論上12.5MB/secと以外にハードルが低い事がお分かり頂けたかと思います。

 私が今、何枚か持っているこのメモリーカードはSONY純正品の中で2番めに速い製品で、読み出しだけでなく、書込みも速いので安心です。P1030094_R

 では静止画の連続撮影ではどうなのでしょう?


 α6500の場合、JPEG Lサイズ エクストラファインで撮影した画像のファイルサイズは1枚7MB~10MBほど、情報量の多い画像(例えば紅葉の山の写真など)では13MBを超える場合もあります。

 飛行機の写真を撮る場合、背景が単色の空でも10MBくらいになります。
 これを最高速の11コマ/秒で撮影すると、1秒間に110MBものファイルが作成されることになります。
 以前、

このメモリーカードのベンチマークを取ったところ70MB/S以上は出ていましたが、遅延なく書き込めたとしても毎秒40MBほどはみ出す勘定です。

 α6500は連続撮影可能枚数が大幅に増えて、JPEG Lサイズ エクストラファイン&Hi+で233枚なので21秒も続きます。(こんなすごいミラーレス他にある?)
 毎秒40MBずつ溢れたものが21秒だと840MBです。
 これを(机上で速く見積もって)毎秒70MBで書き込んだとしても、12秒ほど掛かります。
 この間は連続撮影ができません。(それでもバッファメモリが大きいので)書込み中もシングル撮影はできます。

 SONYで一番速いこの製品でも書込みが理論値で100MB/Sとなっていて、これを使っても溢れることは一緒です。

 連続撮影復帰までのスピードは確かに速くなるはずなので、実用性と懐具合を考慮して選びたいのものです。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す