レッドブル・エアレース2017 第3戦千葉幕張 観戦ガイド(持ち物・トイレ情報など)

スポンサードリンク


 第2戦サンディエゴで2度目の優勝を果たし、波に乗る室屋選手ですが、第3戦千葉・幕張でも再び母国優勝してくれると信じています。
 みんなで精いっぱい応援して行きましょう!

 そこで、今回は初めて幕張で観戦する方の為に、持ち物やトイレ情報など詳しくお伝えします。


 以前の記事でもトイレ情報や食事などについて書きましたが、今回は服装や持ち物を中心に掘り下げてみたいと思います。

服装について
 会場は海辺で紫外線も強いし潮風も吹くので、長袖シャツが良いでしょう。
 デラックスエリアなどのシート席以外は、砂浜に腰を下ろす事になるので、汚れてもよいジーンズなどが望ましいです。
 また6月とは言え、曇ったり、風が吹いたりすると寒くなるので、ウインドブレーカーなど上に羽織るものは必須です。
 傘の持込は禁止なので、ビニール合羽もあると急な雨や寒さにも対処できます。
※昨年の予選日のように強風が吹くと中止ですが、小雨ならレースが行われる可能性があります。
 晴れると紫外線が強くなりますし、空を見上げると眩しいので、キャップがあると助かります。(会場でも多数売られています。)

 靴の中がジャリジャリになると気になって観戦できないので、なるべく砂の入りにくい、グリップの利く靴がおすすめです。
 ただ、どんな靴でも多少の砂は入るので、逆に入った砂が出しやすいクロックスを履いていくのも一つの手ではあります。

 雨の予報なら長靴が必要でしょう。

持ち物について
 飲み物は熱中症対策として600mlのペットボトル1本まで持込可能です。
 缶飲料や食品は入口で没収となってしまいます。
 飲み物も食べ物も中で豊富に売られているので、心配は要りません。屋台の情報などは以前の記事を参考にしてください。

 写真を撮る方は、カメラバッグ以外にレジャーシートや合羽を入れるバッグがあると、カメラバッグに砂を入れないで済みます。
 レジャーシートは2015・2016に購入したエアレースのものは持込可能です。
 初めて観戦される方は会場でもたくさん売られています。
 建前上、それ以外のレジャーシートは持込禁止となっていますが、昨年も一般のレジャーシートを広げている人も多くいましたし、荷物チェックでも注意も没収もされていませんでした。
 ただ、食事にしても、こうしたグッズにしても、現地で購入してお金を落とせば、収益が上がり、将来的にも日本で開催される確率は高くなるでしょう。

 海辺で常に風が吹いている為、レジャーシートを飛ばされない工夫も必要です。私はペグを結びつけました。

その他の持ち物
ウェットティッシュ:トイレの横にはポリタンクに蛇口を付けたものが置かれていますが、基本的に手を洗う場所がないので、ウェットティッシュは多めにあると良いでしょう。
ビニール袋:昨年、強風の為に中止となった予選日、砂も波しぶきも顔が痛いほど吹き付けてきました。バッグの中までジャリジャリにしないよう、バッグが包める大きさのビニール袋が必要です。
チャック付きビニール袋:昨年、その予選日にカメラを出したら、鏡胴の中まで砂が入り、ズームリングを回すとジャリジャリと音が・・結局オーバーホールに出すハメに。
これを予防するためのチャック付きビニール袋です。
ブロア・レンズペン:ある程度の風でも波しぶきで汚れる事は覚悟の上なので、クリーニンググッズは必要です。
 梅雨の季節ですし、海辺で湿度も高いので、カメラバッグの隅にモバイルドライがあると助かります。(カメラが傷にならないよう、カメラと別のポケットに入れてください)

 他にも、砂や紫外線から目を守るサングラスはあった方が良いです。
 また、スポーツタオルやティッシュ、ゴミを入れるコンビニ袋なども多めに持参しましょう。
 あとは、個人個人で必要に応じて・・

 トイレについては前にも書きましたが、今回は使用上の注意点です。
 トイレは、屋台などが並ぶフェスティバルエリアの端にも、観戦エリアにも多く設置されているため心配は要りません。

 各場所にたくさんのトイレが並んでいますが、左3分の2くらいが和式で、右3分の1くらいがアサガオ便器です。アサガオ便器のほうもちゃんと扉の付いた個室になっています。
 観戦エリアのトイレは、レースの合間には多少の行列ができますが、数が多いので進みは早いです。
 案内は無いのですが、暗黙の了解のように和式のほうは左に列が、アサガオ便器のほうは右に列ができていました。
 たまに、右側の列に女性が並んでしまって、順番が回ってきた時に、左側に並んでいた方と鉢合わせで、気まずくなっていたのを見かけたので、女性は最初から左側に並ぶことをおすすめします。
 「大」をしたい男性は女性に混じって左に並ぶことになりますが・・・
 これは昨年(2016)の状況なので、今年もこうとは言えません。

 確実に男性用と女性用を仕切って、男性用の和式も作ってもらえると、お互いに良いのですが。

※2017年6月4日トイレ状況追記 
 2017年のトイレは、手前に目隠しフェンスが設置されていない為、銀行ATMやコンビニレジ待ちのようなフォーク式にはなっておらず、2~3台に1列ずつ適当な列ができている状況でした。

今後も、観戦に関して役に立つ情報を思い出したら、追記していきますので、“お気に入り”に登録して、たまに覗いて頂けると嬉しいです。

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す