レッドブル・エアレース2018 日本開催はある?

スポンサードリンク

 
 11月8日、レッドブル・エアレース2018のカレンダーが発表になりました!

 室屋選手がワールド・チャンピオンに輝いて、まだ今シーズンの興奮と余韻が残っているレッドブル・エアレースですが、早くも2018シーズンのカレンダーが出てきました。

第1戦 2月2日・3日:アブダビ(UAE)
第2戦 4月21日・22日:カンヌ(フランス)
第3戦 5月26日・27日:ヨーロッパ(開催地は後日発表)
第4戦 6月23日・24日:ブダペスト(ハンガリー)
第5戦 8月4日・5日:アジア(開催地は後日発表)
第6戦 8月25日・26日:カザン(ロシア)
第7戦 10月6日・7日:インディアナポリス(米国)
第8戦 11月:アジア(日程と開催地は後日発表)

出典:レッドブル・エアレース公式ページ

 果たして、幕張開催はあるのでしょうか?


 2月の開幕戦はやはりアブダビですね。
 ロケーション抜群なのでこれは納得。

 約一月半空いて、第2戦の4月はフランスのカンヌ。
 チャレンジャークラスのメラニー・アストル選手を含めフランス人パイロットが5人もいるので、今年なかったのが不思議なくらい。これも納得。

 第3戦、5月はヨーロッパでTBAとなっているので、正式な場所は後日発表です。

 第4戦、6月はハンガリーのブダペスト。ここも美しい街ですし、エアレース発祥の地なので入っていて当然です。

 第5戦、8月初旬はアジアでTBAとなっていますが、イメージビデオの景色は中国のような気もします。

 第6戦、8月の下旬は、2017シーズンで室屋選手が残念な結果に終わったロシアのカザン。
 来年こそは、ここでも優勝するといいですね。

 第7戦、10月はアメリカのインディアナポリス。ここも素晴らしいコースですし、アメリカ人パイロットが2人いるので、ここも外せません。

 そして第8戦、来年は最終戦がちょっと遅く、11月まで楽しませてくれるようです。
 ここもアジアでTBAなので、このあたりで幕張が入ってくるのでしょうか?
 一部の予想ではタイという話もありますが、是非とも今シーズン王者の母国凱旋ということで・・
 イメージビデオは、どう見ても日本の風景のようですが。

 近年、天候に泣かされるレースも多いので、その辺も考慮してスケジュールを組んだのかもしれません。
 いつも第3戦が行われる日本は、ちょうど梅雨の時期ですものね。

 11月まで引き延ばして、室屋選手の希望通り福島開催?などということになれば更に嬉しいのですが。

 室屋選手のホームグラウンドである「ふくしまスカイパーク」?それとも、収容人数や人員輸送を考えて猪苗代湖周辺?とか、いろいろ考えられます。
 いずれにしても多くの人が福島を訪れて、福島の「現在」を目の当たりにするのは重要な事だと思います。

 福島開催、早く実現するといいですね。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

2件のコメント

  • JiNGGA

    来年度はベン・マーフィがマスタークラスに昇格するようですが
    チャレンジャークラスでの成績って反映されないんでしょうか。
    今年のマーフィは年間総合ポイントでは6位。
    ここまでチャレンジャークラス優勝が(キャリアを通じて)ありません。
    今年マーフィより上だった5人は8戦のうち何処かで優勝をしているし
    マーフィより下位だった香港のチャンも優勝しています。

    明確に解る昇格条件って無いんですかね。

    • hiroshi

      JiNGGA 様

      コメントありがとうございます。
      このへんは疑問の残るところですね。
      私もよくわかりません。
      ベン・マーフィ選手、今シーズン一番耳にしない名前でしたものね。

      チームで作り上げるスポーツなので、年間を通してサポートしてくれるスポンサーがあるかどうかも関係してくるのかもしれません。
      もっと詳しい方がいらっしゃいましたらコメントお待ちしています。

コメントを残す