望遠での飛行機撮影 三脚・一脚を使いたい!

スポンサードリンク

 
 SONYα6500とSEL70300Gを合わせて飛行機の撮影に使用しています。
 いくら5軸手ぶれ補正とは言え、35mm版換算で450mmともなれば標準レンズの約9倍の倍率なので手ぶれが心配です。

 フォーカスはファストハイブリッドフォーカスなのでバッチリ決まりますが、手持ち撮影ではよほどしっかり保持しないと手ぶれが発生します。
 我々アマチュアカメラマンが、写真がどうもカッチリ決まらないという感じがあれば、それは90%近くが手ぶれによるものでしょう。

 そこで、少しでも“カッチリ”した写真を撮りたい時に有効なのが三脚や一脚です。
 しかし、飛行機の撮影(特に曲技飛行)ではカメラの真上を飛行機が通過することも珍しくありません。

 三脚などを使用した場合、殆ど上方向の可動域が45°前後です。


 そこでおすすめなのが、雲台に前後逆に付けるという方法。
 もちろん、動くものを撮影するわけですから、パンハンドルは開放のままで大丈夫です。

 この方法ならカメラを真上に向けることも可能です。

 チルト液晶を装備している機種なら、三脚に装着していても真上の撮影が可能です。

 動かない液晶とファインダーのみの機種だと、この使い方はちょっと難しいかもしれません。

  三脚を使えば、機体の文字までクッキリです!
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください