Thunderbird を使いやすくする!(アドレス帳の表示)

スポンサードリンク

 
 Windows Live Mail のサポートが2017年1月10日 に終了という事で、そのまま使っていると危険です!
 かく言う私も、放置したまま1年近く使い続けていました。

 Windows Live Mail に使い勝手が似ていて、安全なメールソフトはないかと探していて辿り着いたのが”Thunderbird”です。

 Thunderbird のインストールとLivemail からのメールの移行などはThunderbird のページに詳しく書いてあるので参照してください。

 Thunderbird の場合、今までのメールアカウントとパスワードさえ入れれば、送受信するための設定は自動的に見つけてくれるので、popサーバーがどうとかsmtpサーバーがどうとか考える必要がないので非常に楽です。

 ひと通り使える設定になったところで、Livemail とはアドレス帳の使い方が違うことに気が付きました。


 Live mail の時は、メッセージウィンドウの【宛先】をクリックするとアドレス帳が開いて、必要なアドレスがすぐ選択できました。

 ところが、Thunderbird ではメッセージウィンドウの【宛先】をクリックしても、宛先種別のドロップダウンリストが出るだけです。

 そして、宛先欄をクリックしても、右クリックしても何も表示されません。

 仕方なくメッセージウィンドウを閉じて、Thunderbird のツールバーからアドレス帳をクリック。
 開いたアドレス帳で、任意のアドレスを選択してメッセージ作成なんて、面倒な事をやっていました。

 もっと楽な方法はないものかと、あちこちイジっていたら見つけました!メッセージウィンドウにアドレス帳を表示する方法を。

 ここからがその方法です。
 まず、Thunderbird のツールバーで作成の▼をクリックして【メッセージ】を選択。

 開いたメッセージウィンドウのメニューバーから【表示】を選択して【アドレスサイドバー】をクリック。

 すると、メッセージウィンドウの左側にアドレス帳が表示されます。

 任意のアドレスを選択して、【宛先に追加】をクリック。

 後から宛先種別を変更することもできます。

 これで、Windows Live Mail 以上に使い勝手が良くなりました。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください