フリーダってABBAのメンバーの!? 別人でした、スウェーディッシュ・ポップスのニュースターです。

スポンサードリンク

 
“スウェーデンの伝説的ポップグループ「アバ(ABBA)」が、来年にも再結成されるかもしれない”というニュースが飛び交っています。

 そんな折、今日J-WAVEの午後からの番組“ランデヴー”でフリーダ特集!「インタビューもお送りします」ということだったので、アバのフリーダが活動再開したのか?と驚きと(‘70~’80年代に青春を過ごした身としては) 期待感を持って聴いていたのですが全くの別人でした。

 今話題のフリーダはABBAと同じスウェーデン出身。
 2010年、ミュージシャンで音楽プロデューサーであるラスマス・フェイバーのシングル”HIDDEN THOUGHTS”に作詞/作曲/ヴォーカリストとして起用され、一躍脚光を浴びた、ニュー・スウェーディッシュ・ポップスの新星です。
 アーティスト名としてはFridaですが、フェイスブックやツイッターではFrida Sundemoとして登録されています。
 本名かどうかは調べがつきませんでしたが、もしそうだとしたら、お父さんかお母さんがABBAを聴いて青春を過ごした世代でファンだったのかも知れませんね。あくまでも推測ですが。

 J-WAVEでその歌声を聴いて、たちまち魅了されてしまいました。
 透明感のあるウィスパー・ヴォイスとシンプルで繊細なエレクトロ・サウンドはアバを聴いてきた世代でもすぐに馴染めます。

ニューアルバム“FOR YOU, LOVE”のトップに収録されているINDIGOですが、クリアな歌声をとポップなメロディーで一度聴いたら忘れられません。
 ただ、プロモーションビデオの映像はカラオケのバックのイメージビデオに有りがちな設定で、「もうちょっとお金をかけてもいいんじゃない?」という内容でちょっとガッカリですが (^_^;)

 アルバムに収録されている曲の中では、菅野よう子さん作曲でフリーダが歌う「Mellsavon」CMソングも含まれているので、多くの方がテレビで耳にしているはずです。

 まあ、アルバムとしては良い出来で、これからの空気が澄んだ季節のドライブミュージックとしてもピッタリなので、さっそくAmazonで注文しました。

 一方、ABBA再結成の話題ですが、元メンバーのアグネタ・フォルツコグ(Agnetha Faltskog 愛称はアンナ)さん(63)が、10日発売のドイツ紙とのインタビューで可能性に言及しました。
 来年は、アバが一躍世界的な人気グループにのし上がるきっかけとなった欧州国別対抗歌謡祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Eurovision Song Contest)」優勝から40周年にあたります。
 フォルツコグさんは独紙「ウェルト」日曜版(Welt am Sonntag)」に、これを記念してアバ再結成を検討していることを示唆したということです。
 再結成への期待が高まる一方のアバですが、これまでメンバーは4人全員がその可能性を繰り返し否定してきました。

 4人は2008年7月、アバのヒット曲をフィーチャーした映画『マンマ・ミーア!(Mamma Mia!)』のスウェーデン・プレミア上映会に揃って登場しましたが、活動停止後に4人が公の場で勢ぞろいしたのは1986年とこのときの2回だけです。

 ダンシング・クイーンやチキチータなど世界中で大ヒットを連発していたABBA。
 最盛期にはCDやコンサートなどの売上総額が、日本でもお馴染みの自動車メーカーVOLVO 1社の売上を抜いて国内最高の納税者になったなどという話も聞こえていました。

 かく言う私もABBAのアルバムは殆ど持っていますし、ABBA THE MOVIEも観に行きました。

 ABBAのもう一人のボーカルだったアンニ=フリッド・リングスタッド(Anni-Frid Synni Lyngstad 愛称フリーダ)(67)さんが解散後に出したソロアルバムも買いました。

 なので、フリーダと言えばABBAのフリーダしか知らなかったわけですが、今後は活躍が期待されるFrida Sundemoも要チェック!!ですね。
 
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

 

コメントを残す