検査目的の献血、これって傷害罪じゃないですか? HIV血液輸血 1人の感染を確認 1人は確認中

スポンサードリンク

 
 日赤の安全検査をすり抜けた、エイズウイルス(HIV)に感染した献血者の血液が今年2月、患者2人に輸血され、うち60代の男性への感染が確認されたことが26日、厚生労働省の会合で明らかにされました。厚労省と日赤がもう1人の感染の有無を確認中です。
 検査目的の献血、犯罪じゃないですか?

 感染者の血液が輸血されたのは平成16年に日赤が対策を強化して以降初めてとの事。

 厚労省や日赤によると、今年11月に献血した40代の男性の血液からHIVの抗体が検出されました。この血液は輸血には使われませんでしたが、この男性が2月にも献血をしていたことが判明。日赤が保管検体を詳細に調べたところ、血中にHIVの遺伝子が存在していました。

 この血液からは「血漿(けっしょう)」と「赤血球」の2つの輸血用製剤が作られ、2月と10月に国内2カ所の医療機関で2人に輸血されました。うち慢性消化器疾患の手術のため、10月に血漿製剤の投与を受けた60代の男性はHIVへの感染が確認されました。

 40代男性は献血直前に男性との性的接触があったといい、検査目的で献血を行った疑いがあるということです。感染初期はウイルス量が少なく、検査しても検出できない「空白期間」があり、検査をすり抜ける要因となってしまいました。

 HIVの検査は抗体ができているかどうかで判断するらしいのですが、一般にHIVに感染してから抗体ができるまで約8週間かかるそうで、感染初期は陰性となることもあります。

 また、“男性同士の性的接触”はコンドームを使用しないことが多い上、肛門には女性の膣よりも多くの血管が密集するため男女間のそれより感染の確率がものすごく高いらしいのです。

 まあ、それは個人の性的嗜好の問題で他人がとやかく言う事ではないのですが、その行為を隠して嘘の深刻をしてまで“検査目的の検査”をする行為はどうでしょう?

 これって傷害罪にならないですか?もし輸血された方がそれが原因で亡くなれば殺人罪!

 だって、自分が怪しいのを承知の上で検査目的で献血している訳ですから“過失”では無いですよね。

 病気で苦しんで、望みをかけた手術で使われた血液製剤でHIVに感染してしまった方の悲しみがどれほどのものか想像もできません。

「検査目的で献血」って、献血でHIVが見つかっても教えてくれないでしょ?

 保健所で匿名で、しかも無料で検査できるのに、行くのが面倒?それとも恥ずかしい?
 それくらいの事が面倒だったり、恥ずかしかったりするのなら“不特定多数の男性”と関係を持たず献血もしないでほしいものです。
 
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

コメントを残す