今年、夏休み後半の金・土・日でハウステンボスに行ってきました。
dsc02100 もちろん個人的な感想ですが、「取り敢えず1度行ったらいいかな」という感じでした。

 宿泊したのは、園内のホテルヨーロッパです。
 ホテルの中では、ピアノの生演奏などもやっていて雰囲気も良かったですし、スタッフも親切でした。

写真はイメージです

 ただ、部屋の洗面所の蛇口はワンハンドルではなく、お湯・水別々で金色のハンドルが付いていて温度の調節が面倒。浴室のシャワーも同様です。
 重厚なイメージはファミリー向けではないのかもしれません。
 私は海外と言えばハワイくらいしか行ったことが無いので分かりませんが、これがヨーロッパスタイルというモノなのでしょうか?

dsc02107 8月後半の週末なのですが、園内を歩く人の姿も疎らです。
 これで、経営は大丈夫なの?と心配になるくらい・・

「ハウステンボスとハイジの村 ヨーロッパ(風)の雰囲気ならハイジの村がおすすめ」の続きを読む…

 
 7月22日に金曜ロードショーで放送された『バケモノの子』

 結末で、ニュースのアナウンスとして、”昨夜、渋谷で空のトレーラーが暴走して・・・・”と言っていました。

 バケモノのクジラに押されただけなのに、クルマを離れた隙に空のトレーラーが暴走したように報じられ、全ての罪を着せられたトレーラーの運転手さんが凄くかわいそうでした。
 

 
 ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ」の主題歌『Tweedia』が大ヒット中の安田レイさん。

 J-WAVE月曜日〜木曜日 9:00–11:30に放送されている「Pop Up!」(出演は岡田マリアさん)のジングルを手がけるなど、今すごく注目を集めています。

 しかし!ポケモン・ザ・ムービーの初日舞台挨拶の様子をテレビで見るまで“宝塚出身”の人だとばかり思っていました。
 安田レイという名前の響きから、私が勝手にそう思っていただけです。
 
「安田レイ 宝塚出身の人じゃなかった?」の続きを読む…

 
 10月17日放送のドラえもんに出てきた『ポータブル国会』
ドラえもん
 ドラえもんは「社会に大きな影響を与えるから、むやみに使っちゃダメだよ」とか言いながら“バカのび太”に与えてしまいます。

 バカのび太は調子に乗って 「ドラえもん ”バカのび太”にポータブル国会なんか持たせたらダメでしょ!」の続きを読む…

 7月19日から公開されるスタジオジブリの新作映画「思い出のマーニー」
 この作品の監督は、賛否の別れた映画“アリエッティ”の監督を務めた米林宏昌さんです。

 “千と千尋・・”までは大好きだったので、“アリエッティ”もジブリの作品ということで、ワクワクしながら家族揃って観に行きましたが、後味の悪さにガッカリして帰ってきた記憶があります。
 感想はただ一言、「金と時間損した」です。
 まあ、“楽しかった”と言う人も大勢いるでしょう。人それぞれですから。

 そして、今回の“マーニー” 「ジブリ新作「思い出のマーニー」 豪華声優陣発表!!」の続きを読む…

 
劇場で今もロングラン上映中(2014.5.20現在)の『アナと雪の女王』ですが、DVDとブルーレイが今年の夏、発売になりそうです! 1
 
「アナと雪の女王 DVD&ブルーレイ 発売日は夏!?」の続きを読む…

 
 「アナと雪の女王」、エルサ役の松たか子さんの歌声は世界中で絶賛されているように素晴らしいものでした。
 松たか子さんの歌声が聞きたくて、わざわざ吹き替え版を選んで観に行きました。

 しかし、松たか子さんほど話題には登っていませんが、アナ役の神田沙也加さんの歌声も劣らず素晴らしいもので、感動しました。
 
「アナと雪の女王 神田沙也加さんの歌声もステキでした!」の続きを読む…

 
 今日、4月1日付の新聞朝刊で、1ページ分を使ったラセターさんの写真が!

 もしや、ピクサーの新作!?それともディズニー作品!?

 期待して下の方に目を移してちょっとガッカリ (´・ω・`)ショボーン
 
「ディズニー?それともピクサーの新作?新聞広告に巨大なラセターさん!」の続きを読む…

 
 3月2日(現地時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われた第86回アカデミー賞授賞式
 長編アニメーション部門の受賞作がウォルト・ディズニー「アナと雪の女王」(クリス・バック&ジェニファー・リー監督)に決まりました。
同部門にノミネートされていた宮崎駿監督の「風立ちぬ」は惜しくも受賞を逃しました。 アナと雪の女王
 
「第86回アカデミー賞 長編アニメ賞は「アナと雪の女王」! 「風立ちぬ」は受賞ならず 」の続きを読む…

 
2月25日(火)、講談社より山口百恵「赤いシリーズ」DVDマガジン創刊されました。

 全38巻隔週火曜日発売です。
 価格は創刊号790円通常号価格1,590円(いずれも税込)となっています。
 ただ、4月から消費税が8%に上がるので、それを見越してか定期購読を受け付けているネットショップでは総額61,195円と表示されていました。
 1,590円のままで行けば総額59,620円のはずでしたが。

「山口百恵 「赤いシリーズ」DVDマガジン創刊! 総額59,620円(税込)~!?」の続きを読む…