2013以降のOfficeで、WordやExcelを起動するとスタート画面が開いてしまいうっとうしいです。
 また、2007でリボンなるものが登場して以来、印刷ボタンや保存ボタンが消えてしまい、それらの操作をするために2工程も3工程も多くクリックしなければならなくなりました。

 今回は、少しでも余計な手間を減らせるように、カスタマイズの方法を書いて行きます。

「ExcelやWordでスタート画面を出さない方法は?印刷ボタンを出す方法は?」の続きを読む…

 
 勤務先のパソコンに「ESET」のセキュリティソフトが入っているのですが、メチャメチャ重くて困っています。
 会社が選んで、まとめてライセンス購入したものなので、どうしようもありません。
 製品自体が重いのか?特定の環境で重いのか定かではありませんが。

 動作環境は十分すぎるほど満たしています。

「ESET セキュリティ めちゃくちゃ重い!!」の続きを読む…

 
 Windows 10の正式リリースから1周年を迎えた、2016年8月2日に配信開始になった「Windows 10 Anniversary Update」
 私も検証の為、自動配信前にマイクロソフトのページから手動でインストールしてみました。

 ところが、配信直後はExcelなどオフィスソフトを開く時に異常に時間がかかったり、Windows LiveMailで、メールを開く時に不具合が起きてメールの中身が消失してしまったり、多数の不具合があり、正常に動かなかったため、仕方なく以前のバージョンに戻して使っていました。

 しかし、アニバーサリーアップデートにも“スタートボタンからすぐにその他のアプリを起動”できたり“Edgeでもお気に入りをピン留め”できたりと便利な面もたくさんあります。
 そこで5ヶ月が過ぎた今、不具合が解消されていないか再度インストールして検証しました。

「Windows 10 アニバーサリーアップデート 不具合が解消されたようです!」の続きを読む…

 
 先日、不具合の多い Windows 10 アニバーサリーアップデートを削除して、直前のバージョンに戻す方法をご紹介しましたが、昨日辺りから、とうとう希望しなくても自動更新で勝手に入ってくるようになってしまいました。

「Windows 10 アニバーサリーアップデート自動配信が開始に・入れない方法は?」の続きを読む…

 
 Windows 10 配信1周年を記念して、2016年8月初旬より配布が始まった“Windows 10 Anniversary Update”ですが、不具合が多いので(私の環境だけ?)以前のバージョンに戻しました。

 今回は、Anniversary Updateで更新して不具合が起こったかた向けに、以前のバージョンへの戻し方を解説していきます。

「Windows 10 アニバーサリーアップデートは未完成!?」の続きを読む…

 
 パーソナルクラウドストレージのネットワーク設定も終わり、いよいよ主目的であるバックアップソフトの導入です。

 今まで使っていた、簡易ミラーリングソフトは、ネットワークへのバックアップに対応していませんでした。
4 かと言って、WD Cloudをネットワークドライブとして割り当てたのでは、ランサムウェア対策としてNASを導入した意味が無くなります。

 さて、ファイルやフォルダのNASへのミラーリングに最適なソフトは?

「ランサムウェア対策にWestern Digitalのパーソナルクラウドストレージ導入 (3)バックアップは手動が安全?」の続きを読む…

 
 前回、ランサムウェア対策としてNASを導入したという記事を書きました。
P1040139 今回は、不具合なく安定稼働させるために、IPアドレスを固定する設定方法を解説していきます。

「ランサムウェア対策にWestern Digitalのパーソナルクラウドストレージ導入 (2)IPアドレスは固定にしましょう。」の続きを読む…

 
 Windows 10への無償アップグレードが、明日7月29日で終了します。

スタートメニュー
 今から駆け込みでアップグレードする方は、それほど多くないと思いますが、この前の土日を利用してアップグレードした方は結構多いのではないでしょうか?

 そして、アップグレード後に起こる様々な不具合で、今現在お悩みのかたもいらっしゃるのでは?
 このブログでは、今まで不具合解消法に関する記事を幾つか書いてきました。
 下にリンクを貼っておきますので、あなたのパソコンの不具合に合った解消法があればご利用ください。

「Windows 10 無償アップグレードもうすぐ終了! 不具合解消法まとめ」の続きを読む…

 
 Windows 10への無償アップグレードの期間が、2016年7月29日までと迫ってきました。
a アップグレードツールをクリックして、要件を満たしている事が確認できたらアップグレードしておきましょう。
 Windows 7、もしくは8で普通に使えていればアップグレードする必要は無いのでは?と思いますが、アップグレードする1番の利点は、ズバリ!パソコンの延命です。
 7のサポート期間は2020年1月14日まで、8&8.1のサポート期間は2023年1月10日までと決まっています。
 ここで言うサポート期間というのは、脆弱性が見つかった時にパッチを配布するWindowsアップデートの配布期間の事です。

 その他の利点は、 「Windows 10 無償アップグレードいつまで?その後の価格は?」の続きを読む…

 
 昨日、『はじめてのWindows10 (アップグレードの不安も使い方の疑問も全解消!)』を注文したという記事を書いたのですが、今日届いたので、サラリとレポートします。

「はじめてのWindows10 (アップグレードの不安も使い方の疑問も全解消!) これからアップグレードする方にはおススメの1冊!」の続きを読む…