予選日はお客さん少なめでしたが、さすがに決勝日は混雑しています。

やっぱり、こうでなくっちゃ。


トイレは並んでいないけれど、手洗い場はけっこう並んでいました。
野外フェスにはウェットティッシュが絶対必要です!


写真は撮りたいけれど、ファインダー越しに見るエアレースは楽しくないですね。
やはり、肉眼で見る方が迫力あります。

一応、一眼持参ですが。
ジレンマです。

 

 また、CPUの世代が代わった時、下取りに出すことを考えるとマザーボードはできる限りきれいに使いたいものです。
 そういう理由から、今まで私はマザーボードに同梱の細かい部品(SATAケーブルなど)は袋から出さず、別途購入したものを使用していました。

 ところが先日、前システムのZ97-proが買い取りできない事態が発生しました。

「ASUS PRIME Z370-A 自作レポート (5)マザーボードは消耗品?」の続きを読む…

 

 最初、メモリのLEDはCorsair Linkを使って光らせていたのですが、どうもマザーボードのLEDとシンクロしません。

 Corsair CMR16GX4M2C3000C15はAura Sync対応のはずです。
 またPRIME Z370-A の概要ページには『ASUS Aura Sync:オンボードRGB LEDは、Aura対応ハードウェアと簡単に同期が可能でイルミネーションに対応』と書いてあります。

「ASUS PRIME Z370-A 自作レポート (4)Aura Syncは最新版をダウンロードして使いましょう」の続きを読む…

 

 システムを総入れ替えしたのを機に水冷も考えたのですが、ケース内のスペースとケースファンコネクターの数などを考慮した結果、やはり今回も空冷で。
 べつにオーバークロックしてベンチマークとる趣味もないので。

 CPUクーラーをいろいろ見比べたのですが、140mmファンで静かで良く冷える製品を見つけられなかったため、今まで使っていたScythe阿修羅を流用することにしました。

 この製品は既にメーカーで販売終了となっているものですが、Intel® Socket 115xは穴位置が一緒なので使えます。

「ASUS PRIME Z370-A 自作レポート (3)CPUクーラーはバックプレートが大事」の続きを読む…

 

 今回は、マザーボードの物理的な取り扱いについて、注意点を少し書いてみたいと思います。
 ひとつは背面インターフェースのカバーである「Q-Shield」について。
 もうひとつはCPUをソケットにセットするための「CPU installation tool」についてです。

「ASUS PRIME Z370-A 自作レポート (2)マザーボードの取り扱い」の続きを読む…

 

 今回はASUS PRIME Z370-Aを使用しての自作で、疑問に思った点をレポートしようと思います。
 タイトルである「ケースファンは2個しか付かない?」ですが、結論から先に言うと5pinのコネクターにつなぐ拡張カードを買わなくても、回転数制御できるファンが4個付きます。
 回転数の制御ができない1個を含めれば5個のケースファンをつなぐことができます。

商品のスペックページより

 スペック表を見ると、「2 x Chassis Fan connector(s) (2 x 4 -pin)」と書いてあります。
 私は、ケースファンとして吸気用にフロントが2個、排気用にリアとトップに1個ずつの計4個を付けています。

「ASUS PRIME Z370-A 自作レポート (1)ケースファンは2個しか付かない?」の続きを読む…