ドラえもん 夢の無い「悪のひみつ道具」 なぜ未来デパートで売っている!?

スポンサードリンク

 
 1月17日放送のドラえもんで、またまた夢の無い「悪のひみつ道具」が追加されました。
 その名は “恐怖症スタンプ”といいます。
 このスタンプになどの図形を描いて相手に押すと、スタンプされた人はその図形を怖がるようになるというもの。

 ここまでのび太を甘やかして、果たして子孫のセワシくんの代までの借金は増えないのでしょうか?

 以前にも書きましたが、そもそものび太の孫の孫であるセワシ君がドラえもんをのび太のところに送り込んだ理由は、“のび太があまりにもだらしなく、大人になってからも数々の不幸に見舞われ、孫子の代まで莫大な借金を残してしまうことから、何とかそれを阻止するべく”世話役として送り込まれたのがドラえもんというわけです。

 それなのに最近のドラえもんはダメなのび太にねだられて、面倒くさいので適当な「悪道具」を出してしまいます。
 今回“恐怖症スタンプ”なる悪道具を出したのは、のび太がジャイアンやスネ夫に怖いものを色々見せられて脅かされたからという理由です。
 しかし、その脅かされた原因は「怖いものなど何もない」と威張るジャイアンに“ジャイアンが怖いのは母ちゃんだろう”などと余計な事を言ったのが始まりです。

 そして、スネ夫には (四角)を書いてスタンプし、本や家のドアまで怖くなってしまい、ジャイアンには (丸)を書いてスタンプし、丸いものを見て逃げまわる姿を見てドラえもんと2人で腹を抱えて笑っていました。

 このように最近のドラえもんの道具はまったく夢が無く、ただ単に“人を陥れたりイジワルしたり”する事にしか利用できない「悪道具」ばかり出している気がします。

 だいたい、ドラえもんの4次元ポケットから出てくるひみつ道具“未来デパート”から買っているはずで、くだらない道具をたくさん買って浪費しすぎて莫大な借金を抱えたのではないかと勘繰りたくなります。

 それにしても、未来デパートではこのような“ロクでもない商品”が売れるほど未来の人たちの心は荒んでいるのでしょうか?

 考えただけでも、このような道具は“商品価値ゼロ”で、たとえ有ったとしても売れない気がします。

 だんだん、子どもに勧められない内容になってきた最近のドラえもん。
 特に、声優・スタッフなどが世代交代したあたりからヒドすぎます。
 本当に藤子・F・不二雄さんが草葉の陰で嘆いているかもしれません。

 40年も続いていて、しかも朝日新聞では「しつもんドラえもん」なども展開しているわけですから、もっと子どもたちの指針となるような夢のある道具を考えて貰いたいものです。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

3件のコメント

  • 最近ドラえもん、ほぼ見てないから分からないけど、昔のドラえもんを見てた人にとっては、声優交代後のドラえもんは全然面白くないのは確かですね。それがいいとか悪いとかは分からないけど。

    言いたいことはなんとなく分かります。
    違うかもですが。
    昔だったら、夢のない道具にしろ、ひどい道具を使う時の、明らかにバカ丸出しの、のび太には愛嬌があり、憎めなかったんですが。
    声優さんが、変わってからは、一見、優等生のような喋り方をする、賢く見えてしまう、のび太が恐ろしい道具を平然と使うさまは、サイコパスか何かかと思ってしまう恐ろしさを感じます。

  • 名無し

    恐怖症スタンプは原作でも出てますよ。
    TVで出てる道具はほとんど原作で出てるやつなので良く調べてから書いた方がいいと思います。

    • hiroshi

      ご指摘ありがとうございます。

      原作からして悪かったのですね。
      でも、以前の声優陣の時はそれを補うだけの優しさが感じられました。

コメントを残す