価格コム 送料・手数料込み表示で本当の価格比較が一目でわかるように!!

スポンサードリンク

 
 いつから変わったのか分かりませんが、きょう価格コムで価格比較を見て気が付きました。(気がつくのが遅いって話ですが・・)
 送料表示の欄が無くなったことに気付く前に、価格下に[ 内訳 ]というボタンが有ったのでポチッとしてみました。
すると商品価格+送料+決済手数料=合計が表示されます。 価格
 以前は単純に商品価格だけを比較していて、右の欄に送料が表示されていました。
 送料無料のお店もあるので、商品価格は最安でも、送料をプラスすると順位が変動することも。
 その送料に関しても“420円~”とか表示してあってわかりにくい面がありました。


もちろん、今までのように商品価格のみで並べ替えることも出来ます。
価格2
 その上、お届け先地域選択のドロップダウンリストボックスで居住地域を指定しておけば、“420円~”のようなわかりにくい表示ではなく、実際の送料が含まれた価格が表示されます。
 因みに決済手数料というのは代引き手数料のようですね。

 この表示方法、昔から有ったのに私が気付かなかっただけ!?最近変わったような気がするのですが。

 話は変わりますが、「価格コム」便利なのでいつも利用させて貰っています。

 買うのもが決まっている時は、単純に価格だけを調べる時もあります。

 また、パソコンやカメラなど欲しいけれど機種が決まっていない時は、人気ランキングから辿って、レビューを見て選ぶこともあります。 価格3
 このサイト本当に便利です!

 ただ、レビューに関してはあくまでも参考程度にと言ったところでしょうか。

 私も自分が買った&使った製品に関して、何度か価格コムにレビューも書いています。

 しかし、それは一個人の感想であって、それが全てではないということです。

 例えば私が一昨年買ったこのカメラ

 高評価のレビューもたくさんありますが、中には低評価の項目も。

 私も使っていて感じた事ですが、有効画素2430万画素のこのカメラ、晴れた日中・屋外でのポートレートなどは実に美しい画像が記録できます。
 フルサイズとまではいかなくても、マイクロフォーサーズよりは遥かに大きいAPS-Cなので、背景のボケ具合も良く、好きな画質です。
 このようなシーンならAUTOAUTO+でも満足な写真が撮れます。

 ところが室内撮影時、AUTO+でフラッシュ発光禁止にした場合、撮影結果はザラザラで使い物になる画質は得られません。
 この、低照度での撮影時について画質云々がレビューでも取り沙汰されていました。

 ザラザラの画像をパソコンに取り込んでプロパティを見てみると、ISO感度は1600とかになっています。

 銀塩カメラだって、1600とかに増感すれば粒子が荒れてザラザラになります。

 このようなシーンではプログラムAEに切り替えて、ISOはAUTOでは無く100~せいぜい400くらいで撮るようにすればきれいな画像が得られます。
 当然シャッター速度は遅くなるので、一脚なり三脚を使うことになります。
 それが嫌ならフラッシュを使うしかありません。

 このように、機械物は使いようの気がします。

 パソコンでも、ネットサーフィンしかしないのにゲーミングPCのようなハイスペックは必要ありません。

 使う人がどのようなシーンで使いたいのか、ニーズと懐具合を考えて選べば良いことです。
 レビューを参考にするのは良いことですが、あまり惑わされ過ぎないようにしたいものです。

 最終的にお金を払って購入するのは自分なので、上手に利用したいですね。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す