星野源 「桜の森」 妙に耳に残ります。

スポンサードリンク

 
 J-WAVEが行っているスプリング・キャンペーンのキャンペーンソングとして、3月21日からオンエアされている星野源さんの「桜の森」
 春にピッタリの明るい曲調で、妙に耳に残ります。
 
 クルマで移動することが多い仕事なので、車の中では一日中「J-WAVE」をかけています。

 その中で、毎日よく耳にするのが春のキャンペーンソング、星野源さんの「桜の森」。

 まあ、キャンペーンソングなのですから、毎日、何度となくかかっても当然です。

 昨年はJ-WAVE 25th ANNIVERSARY SONGとしてSuperflyStarting Overが毎日のようにかかっていて、大好きになってしまいました。

 キャンペーンに起用されて、毎日かかるということもありますが、それ以前に1度聴いたら忘れられないようなキャッチーな曲でなければキャンペーンにも使われないと思います。

 “起用されるべくして起用され”、“売れるべくして売れる”という当然の原理です。

 しかし、「桜の森」本当に耳に残ります。
 次第に、頭の中でループするようになりました。

 歌詞に関しては、耳当たりの良い、春に合った言葉をたくさん並べているような感じで、何となく意味不明ですが。
 まあ、音楽とはそういうものです。

 昔、私が中学生の頃は洋楽しか聴きませんでしたが、英語の歌詞は全く意味が解らなくても感動して聴いていましたから。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す