Windows 8と8.1 ゲームはどこに?

スポンサードリンク

 
  WindowsXPのサポートも終了して、Windows8または8.1に乗り換えられた方も多いかと思います。

 Windows7までのWindowsでは標準で搭載されていた各種ゲーム、スタートボタンをクリックすれば“すべてのプログラム”の中からすぐに始められました。
7のゲーム
 さてWindows8と8.1ではどこに入っているのでしょうか?
 

 Windows7ではスタートボタン→“すべてのプログラム”を開けばすぐに見つかりました。

 VistaのBusinessなど一部のOSで有効化されておらず、すべてのプログラムに見当たらない場合も下記の順序で有効化することが出来ました。

 その手順は
 マイコンピュータの何も無いところで右クリック→出てきたショートカットメニューの[プロパティ]をクリック
マイコンピュータ
 コンピュータの情報画面の[コントロールパネルホーム]をクリック
コンピュータの情報
 コントロールパネルの[プログラムと機能]をクリック
7コントロールパネル
 プログラムと機能の[Windowsの機能の有効化または無効化]をクリック
7プログラムと機能
 Windowsの機能の中の[ゲーム]にチェックを入れて[OK]をクリック
7ゲーム
 これで“すべてのプログラム”に表示されていなかった場合も使えるようになります。
7のゲーム

 私の場合はゲームをしないので、逆にチェックを外しています。
 少しだけCドライブの空き容量も増えます!

 そして本題のWindows88.1のゲームですが、下記のようにWindowsの機能を開いても“ゲーム”という項目自体が存在していません。
8windows機能

 ゲームがしたい場合は、[ゲーム]をクリック
8ゲーム
 Xbox Gamesから検索してインストールしなければなりません!
8ゲーム2

 今までのWindowsでお馴染みの“スパイダーソリティア”や“フリーセル”などは無料でダウンロードできるようです。

 もちろんストアに行くわけですから、マイクロソフトにIDを登録しない“子どものアカウント”ではインストールすることが出来ないのは言うまでもありません。

 初めからインストールしていないわけは?
 ゲームストアに誘って他の有料ゲームも買わせようという意図が見え見えですね。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す