アナと雪の女王 神田沙也加さんの歌声もステキでした!

スポンサードリンク

 
 「アナと雪の女王」、エルサ役の松たか子さんの歌声は世界中で絶賛されているように素晴らしいものでした。
 松たか子さんの歌声が聞きたくて、わざわざ吹き替え版を選んで観に行きました。

 しかし、松たか子さんほど話題には登っていませんが、アナ役の神田沙也加さんの歌声も劣らず素晴らしいもので、感動しました。
 

何度か「アナと雪の女王」についての記事を書いた私ですが、今まで忙しくて観に行けていませんでした。

 というわけで、ゴールデンウィークの最終日、家族で観に行ってきました。

 見たのは、ゴールデンウィークが始まる頃に新たに追加になったバージョン
 『アナと雪の女王』3Dの吹き替え版です。

 アナと雪の女王の本編が始まる前に、ミッキーマウスの短編『ミッキーのミニー救出大作戦』が映し出されました。
 こちらは昔風のモノクロアニメから始まり、モノクロのスクリーンの中からこちらのカラーの世界に飛び出してくるという趣向で、短編とはいえ3Dを活かした実に楽しい作品に仕上がっていました。
 もちろんこの短編も、製作にはウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ、ピクサー・アニメーション・スタジオ両スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーでるジョン・ラセターさんが名を連ねています。

 そして本編の『アナと雪の女王』の吹き替えですが、松たか子さん・神田沙也加さん共に歌だけでなくセリフも見事に役にマッチしていました。

 まるで専門の声優さんのよう。
 歌手として、女優として世間に顔が知れ渡っているお二人ですが、あまりに上手で『アナと雪の女王』を観ている間はご本人たちを意識させませんでした。
 忘れてはいけません!オラフ役のピエール瀧さんも上手で、芸の幅を感じさせます。

 よく、ジブリのアニメでも話題取りに顔の知れた役者さんを起用することが多く、中にはそれを意識させない方もいますが、けっこうな確率でアニメに没頭できず、アフレコの顔が浮かんでしまうことがあります。
 まあ、ジブリの場合は劇場公開前から、制作現場や苦労話を公開し過ぎということもありますが。

 『アナと雪の女王』の吹き替えは本当に素晴らしく、これだと字幕版と交互に何度も観たくなるのも頷けます。

 そして物語は、やはりハッピーエンド!!爽やかな感動が残ります。
(本当は泡になって消えてしまう人魚姫もアリエルとしてハッピーエンドにしてしまうディズニーですから)
 お金を出して劇場で観ても後悔しません。

 アンデルセンの童話『雪の女王』に原案を得ているというこの作品ですが、ストーリーは全く異なりオリジナルな作品となっています。

 ストーリー自体は泣けるような内容では無いのですが、松たか子さんや神田沙也加さんの歌声を聞いて、涙が流れてしまいました。
 やはり音楽の持つ力は偉大ですね。
 美しい映像と相まって、ミュージカルとしての完成度では、もうこのような作品は現れないのではないかとさえ思ってしまいます。

 氷の世界と花が咲き乱れる世界の対比という面では、私の好きなティンカー・ベルシリーズ「輝く羽の秘密」と通ずるものがあります。

 『アナと雪の女王』に感動した方にはオススメです!

 『アナと雪の女王』も何れブルーレイとして発売になれば是非買いたいです。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す