24時間テレビ マラソンの行方は!! 今年のドラマは?

スポンサードリンク

  
 恒例の24時間テレビがスタートしました。

 今年のメインテーマは「ニッポンって・・・?~この国のかたち~」ということで、“ニッポンを考える1日”にするそうです。

 今年でもう36回目にもなるのですね。

 大島美幸さんの24時間マラソンも気にかかるところです。

 24時間テレビ

 そして、都内の小・中学校の多くで夏休み最後の週末を迎えています。

 子どもたちの宿題の行方も気になります。

 

 24時間テレビも、もう36回を数えるまでになりました。

 今は、アリーナに入って募金を渡し、出演者の方たちと握手するには何時間も並ばなければならないようで、やっと自分の番が回ってきても、その時にお目当ての出演者が握手の場所にいないことも予想されます。

 

 聞いた話では、昔(回数にしてまだ1ケタ台だった頃)は武道館の会場で待機していることができたそうです。

 そして、「小銭をたくさんのビンに小分けで用意して、『マッチ来たよ!』とか『明菜ちゃん来たよ!』とか言ってはその都度並んで、小分けの小銭を渡しては握手してもらった」と、当時高校生だったウチの嫁が言っていました。

 

 話は逸れましたが、今年も感動のプログラムが盛りだくさんです。

 メインパーソナリティーの嵐も大活躍です。

 一部の週刊誌では「嵐のギャラは5000万円」などと報じて話題になりましたがそれは誤報で、実際はボランティアで参加と日テレより公式にコメントが出されたようです。

 

 あれだけ頑張って集客しているのだからギャラくらい貰っても良さそうなものですが、嵐エライです!

 

 内容としては、相葉くんが肢体の不自由な少年のシンクロナイズドスイミングをサポートしたり、松潤が耳の不自由な子どもたちと一緒にタップダンスを頑張ったり、イモトアヤコさんが原発事故の影響で、離れ離れで暮らす浪江町の子どもたちと富士山頂を目指して登山したり、感動の涙無くしては見られない物が並んでいます。

 

 体重を減らして頑張っている大島美幸さんのマラソンも、最後まで完走できるよう応援したいです。

 

 番組が始まって2時間ほど経った頃、息子を迎えに行くためクルマで外に出たのですが、みんな家で24時間テレビを見ているのか、いつもと比べて凄く道が空いていました。

 こんな時、他局の裏番組は大変ですね。お察しします。

 

 特にお台場のテレビ局は毎年対抗心むき出しで大変です。

 8月上旬には、チャリティでも何でもない27時間テレビで、ドタバタと電波(電気)の無駄遣いを済ませていますが、今日は「めちゃイケ」で24時間テレビ対抗!と大々的に銘打って、お揃いで変なTシャツ着て、またまたドタバタやっていました。

 

 まあ、これも間接的に24時間テレビの宣伝をしているので話題作りには有っても良いのかもしれません。

 

 24時間テレビで毎年1番話題になるのが、何と言ってもスペシャルドラマでしょう。

 誰が主役か?どんな内容か?

 

 今日の夕刊のTV番組表下半分、大野くんのアップでした。

 今年のドラマの題名は「今日の日はさようなら」といって、大野くん主演です。

 若くしてガンに罹った青年の実話を基に「ちゃんと生きる、ということ。ちゃんと死ぬ、ということ」をテーマに家族の大切さを気づかせてくれる内容になっているそうです。

 

 この文章を書いている午前0時前後、もうドラマは終わっているはずですが残念ながらまだ見ていません。

 

 理由は小4の娘の夏休みの宿題がまだ終わっていないからです。
 (^o^;)

 ゆとり教育で土曜日が休みになって学力が低下し、焦った教育委員会が数年前から2学期を1週間繰り上げたので、今度の月曜日から学校が始まります。

 

 しかし!まだ宿題はたくさん残っています。

 まるで「アニメ・ちびまる子ちゃん」を地で行くようなぐうたらなウチの娘。

 夏休み中ずっとアニマックス見たり、DSやったりして過ごし、登校日2日前の今日となりました。

 

 嵐ファン、特に大野くんの大ファンであるウチの娘。大野くんのスペシャルドラマを楽しみにしていたのですが、「宿題終わらなきゃ見せないよ!」と母親にテレビを消されてしまいました。

 

 なので、とばっちりを食ってみんなドラマを見られていません。
 (T_T)

 ちゃんと録画できてるといいけど・・・

 

 こんな家、他にもありませんか?

 24時間テレビならぬ「25時間宿題」になりそうな予感。

 

 ウチの「まる子」の運命やいかに!

 そして、大島美幸さんのマラソンの結果は?

 

 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す