SONYα6300+E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS 使用レポート (1)4K動画に必要なメモリーカードは?

スポンサードリンク

 
 先日、3連休初日の19日にヨドバシカメラ・マルチメディアAkibaに行ってSONYα6300E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSSを合わせて買いました。
P1040937 昨年1月、 SONY α77 IIとTAMRON 16-300mm を買ったばかりなのですが、どうしても“タイムラプス”“4K動画”がやりたくて買い替えとなりました。
 物欲が止まりません・・何とかしなくては。

 SONY α77 IIもTAMRON 16-300mm(B016)もまだ現行機種ですし、大事にキレイに使っていた為、ヨドバシでもそれなりの価格で買い取ってくれました。
 両方合わせて、レンズE PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSSを買うのに足りるか足りないかくらいだったので、ボディーα6300の分は丸々持ち出しとなりました。

 ほかに購入したのは液晶保護フィルムとアクセサリーキットACC-TRWです。
 SONYα6300は、USB経由による本体内充電(USB用のACアダプターは付属)で、バッテリーチャージャーは付属していません。P1040980

 バッテリーチャージャーを使った方が充電時間も短いですし、パワーズーム使用を考えると、予備バッテリーは絶対必要です。

   

 内容物は全く同じものなので、セットの方がだいぶお得です。

 ボディーとレンズの相性や、パワーズームの特性、ズームスピードの動画や4K動画、夜景での高感度性能など、実写サンプルを交えて今後続々レポートしていきますが、今回はタイトルのメモリーカードについてです。

 何しろ、α6300は外部レコーダーなど接続無しで、本体内で4K動画記録ができるのがウリの1つです。

 この4K動画、XAVC S 4K 30pの最高画質で記録すると、ビットレートが約100Mbps(bit/sec)にもなります。
 それでは、100Mbpsを記録するにはどれくらいの書き込み速度のメモリーカードが必要なのでしょうか?

 8bit1Byteなので(時間がかかるので、2進数の説明は割愛します)、100Mbps÷8=12.5MB/secとなります。
 理論上、12.5MB/sec以上のスピードなら書き込める事になりますが、4K画像(3840 x 2160)を秒間30コマ連続的に書き込むわけですから、速いに越したことはありません。
※1GB1個のファイルより1MB1000個のファイルを書き込む方が、時間がかかることをご存知のかたも多いかもしれません。

 ということで、おススメのSDXCメモリカードはこれです!

 このメモリーカードは読み書き共に速いです。
P1030094_R
 ワンランク下の製品は安いですが、読み出しは同じくらいでも書込み速度がだいぶ遅いです。
 動画撮影において大事なのは書込み速度です。
 遅延の無いストレスフリーの撮影をしたいなら、これくらいのメモリーカードを用意しておきたいところです。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す