『レヴェナント』と『ズートピア』両方観るなら『レヴェナント』を先に!!

スポンサードリンク

 
 ゴールデンウィーク期間中、遠出はしないで映画三昧というかたも多いかと思います。
 話題作の“ハシゴ”などということも。

 もし、休み中に『レヴェナント』『ズートピア』両方観るなら『レヴェナント』を先に見ましょう!
 その理由は?
 

 ウィークデーの9︰00~11:30にJ-WAVEでオンエアされているPOP UP!
 岡田マリアさんがナビゲーターを務める、朝にピッタリの軽快な情報・音楽番組です。

 この番組の中で“J’S RESEARCH”というリスナーアンケートの結果を発表するコーナーがあるのですが、先日4/28のテーマは『 GWに見逃せない新作映画はどれ?』というもの。

 結果は
①『レヴェナント:蘇えりし者』 …31%
②『ズートピア』 …17%
③『ちはやふる -下の句-』 …13%
④『アイアムアヒーロー』 …11%
⑤『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』 …10%
⑥『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 …9%
⑥『テラフォーマーズ』 …9%   
※出典J-WAVEのWebサイト
ということでした。

 やはり、レオナルド・ディカプリオさんがアカデミー賞を獲得した『レヴェナント:蘇えりし者』がダントツの1位です。
 このGW中、映画好きのかたは、少なくとも『レヴェナント』と『ズートピア』は観ると思います。
 もちろん私も両方観ます。

 先日、時間ができたので『レヴェナント:蘇えりし者』を観てきたのですが、こちらを先に観て正解でした。
 理由は見終わったあと、暗い気持ちになるからです。

 アカデミー賞、主演男優賞・監督賞・撮影賞を獲得しているだけあって、作品は素晴らしいです。

 自然光だけで撮影したという映像は素晴らしく、坂本龍一さんが担当した音楽も重厚で雰囲気を盛り上げます。
 そして、レオナルド・ディカプリオさんの迫真の演技。

 しかし、テーマが息子を殺されての執念の復讐の話の為、見終わったあと気分が沈みます。
 私も、我が子を殺されたら同じ事をするかも・・・(時代が時代なら)
 R15指定で、残虐なシーンもたくさん出てきます。

 映像が美しければ美しいほど、音楽が雰囲気を盛り上げれば盛り上げるほど、演技にリアリティーがあればあるほど、物語の世界に引き込まれて、映画館を出る頃にはぐったりです。
 上映時間が157分と長いというのとは関係なく、疲れて沈んだ気持ちで映画館をあとにしました。

 そのようなわけで、ゴールデンウィークを楽しい気持ちで締めくくりたいなら、後から『ズートピア』を観ましょう。
 私は今日(4/30)現在まだ見ていませんが、ディズニーアニメなら爽やかな感動で終われる事は分かっています。
 必ずハッピーエンドです。

 原作だったら、願い叶わず“泡になってしまう”人魚姫までアリエルでハッピーエンドに変えてしまうディズニーのことですから!
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す