パナソニック 食器洗い乾燥機 ラインナップがおかしい?

スポンサードリンク

 
 パナソニックから2016年7月上旬発売の食器洗い乾燥機NP-TR9NP-TM9

 

 共に前モデルNP-TR8NP-TM8の外観・内寸はそのままに、高温洗浄の時間を長くした“パワフルコース”が加わっています。

 しかし、以前の記事で書いた通り、どちらもうちのキッチンには置けません。


 2機種とも、背は高いのですが奥行きが狭く、Amazonのレビューでも「たくさん入れるには工夫が必要」という意見が多いようです。

 うちで今使っている(そろそろ動作が怪しくなってきました)NP-CM2のように底面積が広くて高さが550mmに収まる製品がありません。
 私と同じように、高さが低く・底面積が広い製品を望む声も多いようです。
 中には、どうしてもこのサイズが必要で、自分で修理してしまった猛者も結構いらっしゃるようです。

 ビルトイン方式の食器洗い乾燥機は数社から出ているようですが、据え置き型は各社撤退してしまい、現在はパナソニックのみです。

 そのパナソニックも、前述の背が高く庫内が狭い2機種“おままごとサイズ”「プチ食洗」3機種合計5機種のラインナップです。
 この「プチ食洗」
 量販店で実機を見ましたが、本当に庫内が激セマ!
 3人分18点と書いてありますが、それはメーカーのウェブページのように形の揃った食器ばかりを入れた場合です。
 「家族揃って、こんなに同じサイズと柄の食器使っている家は無いだろ!」とツッコミを入れたくなります。
 まあ、どう見ても単身者か新婚さんのみ。
 新婚さんも子どもが産まれたら、この機械は廃棄処分ですね。
 それにこれでは一番熱湯消毒したい、まな板や菜箸が入らないので役立たずです。

 それなのに、この「プチ」だけで3機種のラインナップって・・・
 どういう品揃えなのでしょう?

 需要は有ると思いますので、NP-CM2のように開口時・高さ550mmに収まり、奥行きの広い製品のラインナップを望みます。

 他メーカーの担当の方は、この記事をお読みになったら、隙間市場としてNP-CM2と同じサイズ感の製品のみ発売したら爆発的に売れるかも?
 三菱電機さん!日立さん!東芝さん!どうですか?Haierさんももちろん大歓迎!作ってくれれば買いますよ~
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す