スージーAS快眠枕 効果は? Amazonだとサイズが選べない?

スポンサードリンク

 
 私も、加齢や軽い肥満のせいでイビキが酷くなり、過去にはいびきのレーザー手術を受けてそのレポートも載せました。
 手術によってかなり効果がありましたが、数年後また弛んできたのかイビキが出始めました。
 2度までは手術を受けられるそうなので、あまり酷くなれば、また治療に行きたいと思います。
 保険適用できる施設もあるので、費用は5万円ほどで済みますが、休みを取って手術や消毒にも通わなければならないので、しばらくは対処療法でしのぎます。

 まずは簡単にできるいびき用マウスピース枕から。

 上記の抱きまくらも横向き寝がしやすく、かなり効果がありましたが、数年使って少しヘタってきたので、試しに『スージーAS快眠枕』というものを買ってみました。

 最初、Amazonで探して見つけたのですが、カートに入れる段階でサイズを選ぶ項目が見当たりません。


 ベーシックタイプとロータイプの2種類の写真は載っているのですが。

 カスタマーレビューに“高さが、少し高すぎるかも。”と書いてあるので、おそらくベーシックタイプなのだろうと思いますが、もし違ったら返品交換だ何だと面倒なので、今回は楽天で買いました。

 

 楽天だと、ちゃんとサイズが選べる“ラジオボタン(ベーシックタイプ  ロータイプ こういうやつ)”が表示されています。

 この枕の効能として、仰向けでも“気道を塞がず快適な呼吸をキープ”と書いてありますが、私の場合、イビキ防止には絶対横向き寝が必要と思っているので、横向き寝でも肩が痛くならないよう、高さがあるベーシックタイプを選びました。

 うつ伏せ寝の場合は低い方に顔を乗せ、高い方を抱きかかえるように使いますが、仰向け寝や横向き寝では高い方に首を乗せます。

 両サイドは高くなっていますが、真ん中はかなり下がっているので横向き寝でのホールド性は良いです。

 横向き寝の姿勢がキープできるのでイビキには効果大です。
 ただ、ずっと横向きで同じ方向を向いていると腰が痛くなったりするので、私の場合、以前使っていた“ヘタレた抱きまくら”を足の間に挟んで寝たら楽になりました。

 横向き寝で使うには、抱きまくらを使うなり、毎日左・右 向きを変えて寝るなど工夫が必要です。

 カバーはサラッとした感触で通気性も良く、裏側のファスナーを開けて外せばすぐ洗えて乾燥も早いです。
 私は、傷まないよう更に上から普通の枕カバーをかぶせていますが。

 中の低反発ウレタンも袋に包まれているので、ボロボロとカスが出ることもなさそうです。

 対処療法だと根本的な解決にはならないのですが、枕・マウスピース・イビキストなど、組み合わせ使うと効果が上がるようです。

 

 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す