Crucial SSD プチフリ解消法!

スポンサードリンク

 
 今まで、長い間悩まされてきたプチフリーズ問題が解消しました!!

 Windows 10にしてからアプリケーションが固まる・落ちるの繰り返し。
 特にメールアプリが酷かったです。
 Windows Livemail でメールを開こうとするとすぐに固まっていました。
 アプリケーションの問題かと思いThunderbirdにしてみましたが、やはり同じように固まります。

 ところが、今回の解消法でスッキリ解決しました。


 まず、固まる環境を簡単に説明すると、SSDにsystemのCドライブを置き、データは物理的に別ドライブのHDDに置いているケースです。
 データにはもちろんメールストアも含まれます。
 この環境でプチフリーズが起きるのは、うちだけではなく、広く知れ渡っている事実です。

 そして解消法ですが、確認できたところでの話なので、けっこう限定的な環境のみでの解消法となります。

 その環境とは、先程の「SSDにsystemのCドライブを置き、データは物理的に別ドライブのHDDに置いている」以外に、自作PCでインテルのチップセットを使っている場合です。

 うちはずっとASUSのマザーボードを使っていて、CPUはインテル。よってチップセットもインテルです。
 この環境だと、チップセットのドライバーを入れるときに、インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジーもインストールすることになると思います。

 今回の解消法は、このユーティリティーを使い、ディスクの省電力設定を無効にするというものです。

 ここからその手順です。

 通知領域の「ラピッド・ストレージ・テクノロジー」のアイコンをダブルクリックします。

 「パフォーマンスタブ」を選択します。

 左側の「電源とパフォーマンス」をクリックします。

 「無効化」をクリックします。

 「無効」になったことを確認して、パソコンを再起動します。

 以上の設定で、私の環境ではプチフリーズがスッキリ解消しました!
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す