WordPress SSL化したのに保護されていないと表示される!?

スポンサードリンク

 
 Google Chrome の仕様変更で、SSL化されていないページでは「このサイトへの接続は保護されていません」と表示されてしまい、ご訪問頂いたあなたにも心配をおかけしますので常時SSL化に取り組んでみました。

 私が契約しているエックスサーバーでは、著名ブランドの有料SSLもありますが、無料の独自SSLも用意されています。
 企業やショッピングサイトなどは有料SSLを利用したほうが良いのでしょうが、ここのような個人サイトでは個人情報を打ち込むことも無いと思いますので、無料SSLを利用させてもらいました。

 エックスサーバーの無料SSLの設定法はこちらでご確認ください。

 最初は勉強不足で、サーバーパネルでSSLだけ有効にすれば、そのまま常時SSL化されると思っていたのですが、サイトの体裁は崩れるし、「https:・・・」を入力すると表示されないページも出てきてしまいました。


 サーバーパネルでSSLを有効にしたあとにする手順は、詳しく解説している外部ページを見つけましたので、そちらをご確認ください。

 外部ページに書いてある手順で、SSL化のためのプラグインも有効にし、これで全て終わりかと思ったのですが、URL窓にインフォメーションマークが付いて「このサイトへの接続は完全には保護されていません」の文字が・・・

 調べたところ、プラグインの導入までで、全てのページも全ての画像もSSL化されているのですが、自分で記事中に貼った内部リンクなどは「http」のままなので、ここは手動で「httpsに書き換えなければなりません。

 ここからは、Microsoft Wordの置換を使って、「https」に書き換えていく手順をご紹介します。

 WordPressツールバーの「投稿の編集」をクリックします。

 記事のテキストを全て選択してコピー

 Microsoft Wordに貼り付け→ホームタブの「編集」から「置換」をクリック

 検索する文字列に「http」 置換後の文字列に「https」を入力し「次を検索」して1つずつ「置換」ボタンをクリックします。
 最初は「すべて置換」で一括置換しようと思ったのですが、Amazonなどの広告や外部サイトなどすでにSSL化されているリンクがあった場合、「httpss」“s”が1つ余分になってしまいますので、仕方なく見ながら置換することにしました。

 全て置換が済んだら、テキストを全選択してコピーし、WordPressの記事の枠に貼り付けて「更新」

 これですっかり「保護された通信」に変わりました。

 一記事ずつ直していくのはけっこう根気のいる作業でしたが、何とか全部成し遂げました。
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す