モンスターズ・ユニバーシティ セットですが買いました。                            DVD&ブルーレイ11月20日発売!! 

スポンサードリンク

 
 セット販売に批判の集まるディズニー作品ですが、国内正規版ではこの販売形態しか無いので仕方なく買いました。
0002 きのう、家族揃って見ましたが、やはり内容は素晴らしく感動しました。

 爽やかな感動を届けてくれるディズニー・ピクサーの作品。
 やはりレンタルではなく、所有して何度も見たい作品が多いです。

 DVDDVDブルーレイブルーレイで別々に販売してもそれぞれにニーズが有ると思うのですが。

 今回、DVD&ブルーレイを買ったわけですが、これだと買わないでレンタルで済ませる人も増えるのではないでしょうか?
 今ネット上には、レンタルのDVDやブルーレイのコピーガードを解除してディスクに焼けるソフトが数多く出回っています。

 素晴らしい作品にはそれだけ手間が掛かっている訳ですから、私は出来る限り正規品を買いたいです。そして、製作者にはその利益でまた次も夢のある作品を作ってもらいたいです。

 その為にも、多くの人がそれぞれニーズに有った商品を買えるようになるといいですね。

 この商品にはDVDブルーレイの他にMovie NEXという、言わばコンテンツのダウンロード権がセットになっていて、これもまた価格を引き上げる要因になっているようです。
 左側に同梱されている紙のMagicコードを入力してアクセスします。
0001 商品にはブルーレイのボーナスディスクが付属していて、その中にもメイキング映像など100分以上が収録されていますが、Movie NEXではラセターさんのインタビューや特典映像が更に見られるらしいです。
 その辺の特典映像はボーナスディスクに上手く収められないものでしょうか?

 また、本編もスマホタブレットにダウンロードして見られるようですが、そもそも家族揃って見たいディズニー作品、まあ1人でもいいですが落ち着いて大画面で見たいです。
 ちっちゃい画面でチマチマと、移動の途中で細切れに見たくはありません。

 それでも、忙しい方にはそのようなニーズも有るでしょうから、それはそれでオン・デマンドでもダウンロード販売でも独自に入手できるようにすれば、それだけを欲しい人もいるはずで、逆にモバイル端末で見たい人にブルーレイディスクは不要です。

 あと、セット販売のDVDですが資源の無駄です。0003                       右側のディスク

 売り文句になっている「お家ではブルーレイ、クルマではDVD」ですが、ウチもクルマでDVDを見られる環境はありますが、まず見ません!

 

 ウチでは家族みんなでお気に入りのディズニーのティンカー・ベルシリーズ
 こちらはピクサー作品ではありませんが、やはりラセターさんが製作総指揮を務めています。

 キュートなティンカー・ベルの大ファンです!
 このシリーズも回を重ね、既に4作品が出ています。
 1作目のティンカー・ベル

 2作目のティンカー・ベルと月の石

までは劇場公開されましたが、3作目のティンカー・ベルと妖精の家4作目のティンカー・ベルと輝く羽の秘密はディスク販売のみで劇場の大画面で見られなかったのはちょっと残念。

  

 当初、1作目が劇場公開された時は3部作になるとの発表でしたが、ファンが多くそれなりの販売数を見込めるためか、5作目の発売も決定しているようです。

 このシリーズも、1作目のティンカー・ベルはブルーレイDVD別々に販売されていましたが、2作目のティンカー・ベルと月の石の頃からDVDは単品で買えるもののブルーレイにはDVDがセットで付くようになってしまいました。

 5作目も出ればブルーレイを買いたいと思っているので、DVDは付けないようにしてほしいものです。
 
 

スポンサードリンク


最後までお読み頂きありがとうございます m(_ _)m

カテゴリー

コメントを残す