『都市の景観が悪い!』『通行のジャマだ!』と何かと悪者扱いされることが多くなった電柱。
 オリンピックが迫ってきて、電線の地中化にも拍車がかかってきました。

 しかし、長年私たちの生活を支えてきた電柱、無くなってしまうとなるとノスタルジーを感じます。

「電柱のある風景」の続きを読む…

 
 先日、EPSONのプリンターをヨドバシアキバで買いましたが、ヨドバシカメラの梱包の心配りに感心しました。
 よく、家電量販店やホームセンターで袋に入らない大きさの物を買った時、確かにお金を払って購入したという証拠に、箱にお店のロゴが入った紙を貼り付けますよね。

 その紙を貼り付ける時、ヨドバシカメラではマスキングテープで貼ってくれます。

「ヨドバシカメラ 梱包の心配りがすばらしい!!」の続きを読む…

 
 パナソニックHC-V360MS、メーカーの各部の名称ページの写真に、“タッチパネル/液晶モニター”と表示されているのですが、商品情報ではタッチフォーカスについては触れられていません。

 実際に買って触ってみたら、ちゃんとタッチフォーカス有りました。

「パナソニックHC-V360MS タッチフォーカスはある?」の続きを読む…

 
 前回の記事で書いたように、間近に迫ったレッドブル・エアレース2017千葉戦で失敗しないよう、撮影の練習を兼ねて最適なカメラの設定を摸る為に城南島海浜公園へ旅客機の撮影に行きました。
 飛行機を撮るには『ロックオンAF』が良いのか?それとも『ワイド』が良いのか?色々と試してみました。
 その結果、 「SONY α6500 使用レポート(13)飛行機の撮影、フォーカスエリアはロックオンAF?」の続きを読む…

 
 RAWで撮影したらファイルサイズも1枚30MB前後あるので、さぞかしクッキリした美しい画像が撮影できるのでは?と思い撮り比べをしてみました。

 SONYのサイトからSONY RAW Driverをインストールしたので、RAWのままでも見ることはできますが、モザイクがかかったようでボンヤリしています。

 そこで、同じくSONYのサイトからインストールしたImage Data Converterで現像しました。
 ホワイトバランスなど調整の度合いで、ファイルサイズが変わってしまうので、今回は何もせず、そのままJPEGとして出力。
 最高画質(低圧縮)で出力して、JPEGエクストラファインで撮影したものと同じくらいのファイルサイズになっています。RAWから現像
 しかし、よく見るとシャドウ部がザラついています。

「SONYα6300+E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS 使用レポート (11)RAWよりJPEGの方がキレイ!?」の続きを読む…

 
 6月4日・5日に幕張で開催される
レッドブル・エアレース2016「第3戦 in 千葉」

 その放送日が早くも発表になっています。

 なんと!決勝当日の夜にはオンエアされるようです。

「レッドブル・エアレース2016 第3戦・千葉の放送日が早くも決定!」の続きを読む…

 
 今回は、東京の2大タワーをハシゴして静止画と動画のサンプルをたくさん撮って来ました。

 容量が大きいので、拡大サイズはGoogleフォトに置いて公開しています。
 サムネイルをクリックするとジャンプします。

 まずはピーカンの東京タワーから。

DROAC

ISO:100=シャッター速度:1/1000秒=絞り: f/4.5=焦点距離:26 mm

DSC00323

ISO:320=シャッター速度:1/320秒=絞り:f/16=焦点距離:200 mm

DSC00324

ISO:320=シャッター速度:1/320秒=絞り:f/16=焦点距離:200 mm=全画素超解像ズーム

 
 午後、曇ってきてしまいましたが、今度はスカイツリーで夜景まで粘り、ISO100~51200まで全てサンプルを作成しました。

「SONYα6300+E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS 使用レポート (6)静止画高感度性能は?ISO別のサンプル画像を掲載」の続きを読む…

 
 先日、パワーズームの速度検証をしましたが、ずっと4Kでばかり撮影していたので、動画の画角はみんな同じだとばかり思っていました。

 今回Full HDの画質も見てみようと切替えてみたら、えっ!?画角が広い!と初めて知りました。
 動画で画角の違いをまとめてみましたので、ここに置いておきます。

「SONYα6300+E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS 使用レポート (5)4K動画とFull HD動画の画角の違い」の続きを読む…

 
P1040950 SONY α6300と同時購入したE PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSSですが、キットレンズのE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSと同じファストハイブリッドAF対応ですし、開放値も広角側は同じF3.5で望遠側でも1段分しか変わらない為、便利さを優先した選択です。
 このセットだと、価格はレンズキットより95,000円ほど高くなりますが、何本も交換レンズを持ち歩くのは面倒ですし、レンズ交換でホコリが入るのも嫌なので、思い切ってこちらにしました。

 箱を開けてみて驚きました。
 付属のレンズフードが超巨大です。
P1040959P1040960
 このレンズが発売された頃に購入した方のレポートを見ると、花型フードが付いている写真が写っています。

「SONYα6300+E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS 使用レポート (2)レンズフードが巨大!?」の続きを読む…