きょう、新聞1面の下段に「はじめてのWindows10 (アップグレードの不安も使い方の疑問も全解消!):マキノ出版」の広告が載っていたので早速注文してみました。

Amazonの商品説明より引用・ここから————-
内容紹介
これからWindows10を導入する、もしくは、すでに使い始めているという人に向けた、わかりやすくて、かつ実践的なWindows10入門ガイドです。
Windows10の導入に不安を感じている、導入はしたもののうまく使いこなせていない……、そんな人はぜひ本書を参考にしてください。
また、いよいよ登場してきたWindows10搭載パソコンの選び方、おすすめ機も紹介しています。

目次
Part1: 素朴な疑問編/ここが知りたい! Windows10がスラスラわかる初歩のQ&A
Part2: 基本操作編/ここがポイント! 最新OSの新機能&便利機能を完全マスター
Part3:インストール編/らくらく導入! 不安だらけのアップグレードを誌上で体験
Part4: カスタマイズ編/もっと便利に! Windows10の使い勝手をググっとアップ!
Part5: トラブル解決編/動かない! わからない! やっかいなトラブルを完全解消!
Part6: オフィス編/どれを選んでどう使う? 不動のビジネスツールを徹底チェック
Part7: フリーソフト編/10と合わせて使いたい! おすすめの無料ソフト 厳選20
Part8: 機種選び編/注目モデルが集合! 今が旬のWindows10パソコンを徹底ガイド
————–ここまで

 当ブログでもWindows 10に関しては、今まで数回に渡り、不具合解消法などの記事をアップしてきたわけですが、この本で新たな発見があるかもしれませんので、届いたらまたレポートしますね。

「はじめてのWindows10 (アップグレードの不安も使い方の疑問も全解消!) 注文してみました!」の続きを読む…

 
 以前、使い込んで遅くなったWindows 7パソコンを速くする方法について5回に渡り特集をしました。

遅くなったWindows 7 を速くする方法! (1)不要アプリケーションソフトの削除・図解
遅くなったWindows 7 を速くする方法! (2)不要な視覚効果の解除方法・図解
遅くなったWindows 7 を速くする方法! (3)システムの保護を無効に・図解
遅くなったWindows 7 を速くする方法! (4)ディスククリーンアップ・図解
遅くなったWindows 7 を速くする方法! (5)ディスクデフラグ・図解

 今回は、”7”の時と若干手順が変わった、2番目の「不要な視覚効果の解除方法」についてWindows 10用に図解していきます。

 それ以外の4項目は”7”と大差ない手順で設定できます。
 上記を参考に設定しておけば、より快適に使えると思いますので、合わせて実行しておきましょう。

 Windowsは初期の頃から、不要なアニメーション効果がたくさん用いられています。
 例えば、ウィンドウを開く時に徐々に浮かび上がってきたり、ウィンドウを最大化・最小化する時にだんだん大きくなったり・小さくなったり、”ヒント”がポワ~ンと出てポワ~ンと引っ込んだり、マウスポインタの下に影をつけたり・・・

 これらの効果はうっとうしくも感じられますし、効果のためにCPUやGPUのパワーも消費し、待ち時間が発生します。
 非力なタブレットなら尚更です。

 このアニメーション効果を無効にすることで、パソコンやタブレットの体感速度はグッと速くなります。

 それではここから「不要な視覚効果の解除方法」を図解していきます。
「Windows 10パソコンを速く快適に使うワザ! 詳細図解」の続きを読む…

 
 前回、タッチパッドの設定について解説しましたが、タスクバー右の通知領域に、タッチパッドのアイコンが見当たらなかったかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

1 隠れているインジケーターは「^」をクリックすれば出てきますが、いちいち「^」をクリックしないでも、いつも目視したい通知もあるはずです。
 また逆に、通常は表示になっているものでも邪魔なので、隠したい場合もあります。2
 
 そこで今回は、通知領域のアイコンの表示・非表示を個別に切替える設定を図解します。
「Windows10 通知領域に表示する項目を変更したい。 図解」の続きを読む…

 
 先日、 Live mail文字化け解消法の記事のコメント欄に、“文章入力の時、カーソルが飛んでしまう”という質問を頂きましたので、今回はその解消法について図解していきたいと思います。

 Windowsの場合、ある1つの設定もパソコンメーカーの独自ツールからや、またWindows機能の設定方法からも、いろいろなルートで変更する事が出来てしまいます。
 便利と言えば便利ですし、逆にそれが作業を複雑にしている点でもあります。

 一般的にはどのルートから行っても、最後に設定したものが“生きる”ようになっています。
 ですので、今回の図解で全て解決できる保証はありませんが、Windows 10での一般的な設定方法を解説していきます。
「Windows 10ノートパソコン 文字入力時にカーソルが飛んでしまう? 解消法図解」の続きを読む…

 
 先日、 Live mail文字化け解消法の記事のコメント欄に、“勝手にスリープに入ってしまう”という質問を頂きましたので、今回はスリープの設定について図解していきたいと思います。

 Windowsの場合、ある1つの設定もパソコンメーカーの独自ツールからや、またWindows機能の設定方法からも、いろいろなルートで変更する事が出来てしまいます。
 便利と言えば便利ですし、逆にそれが作業を複雑にしている点でもあります。

 一般的にはどのルートから行っても、最後に設定したものが“生きる”ようになっています。
 ですので、今回の図解で全て解決できる保証はありませんが、Windows 10での一般的な設定方法を解説していきます。
「Windows 10 勝手にスリープに入ってしまう? 設定変更方法は?」の続きを読む…

 
 Windows 7や8.1からWindows 10にアップグレードしたパソコン。
起動した時、初期画面がこのようになっていませんか?1 そうです。まるでWindows史上、最も評判の悪かった8のようです。
 組み込みでアンインストールできない、要らないアプリもたくさんタイルとして並んでいます。
 おかげで、自分で作ったファイルやショートカットなど、デスクトップに置いたものが見当たりません!

 これは、初期設定ではアップグレードしたパソコンが“タブレットモード”になっている為です。
 Windows 10はパソコン、タブレット、Windows Phoneなど、全てのデバイスで動作するようにしているわけですが、パソコンなのにタブレットモードでは使いにくい事この上ありません。

 そこで今回は、タブレットモードを解除して、Windows 7と同じように使うための設定方法を図解していきます。

「Windows 10を7のように使いたい! (邪魔くさいタイルをなくし、スタートメニューを復活)図解」の続きを読む…

 
 前回、Windows 10 クリーンインストール時の注意点について書きましたが、クリーンインストール時には、アップグレード時には無かった不具合が発生することもあります。
 そのひとつが前回紹介した“SMバスコントローラーのドライバーが見つからない”でした。

 今回は、Windows 10 をクリーンインストールしたらQuickTimeの最新版がインストール出来ない不具合についての解消法です。
win10 quicktime
QuickTime2
 一般的に、“QuickTimeダウンロード”や“QuickTimeインストール”などのキーワードで検索して出てくるページは、Appleで最新版のQuickTimeをダウンロードするためのページです。
 2015年9月24日現在の最新版のバージョンは7.78.80.95となっています。
 この最新版をインストールしようとすると上図のようなメッセージが出て、インストールできずに終わってしまいます。
 
「Windows 10 クリーンインストールするとQuickTimeがインストールできない!?」の続きを読む…

 
 Windows 7 からWindows 10にアップグレードした自作PCですが、不具合も幾つかあり、アップグレード前のゴミでCドライブも肥大化しています。

 アップグレード時の不具合の検証と解決法の記事も一段落したので、クリーンインストールしてみることにしました。

 もちろん、今回の記事はクリーンインストールを薦めるものではありませんし、アップグレードしたパソコンでも私の記事などを参考に不具合を克服して、現在普通に使えていれば、あえて危険を冒してクリーンインストールする必要はありません。

 そして、クリーンインストールを試みるくらいのかたは、そこそこの知識があると思いますので、詳しい手順は省略しますが、私がクリーンインストールをする上で経験した注意点を記してみます。
 行ったり戻ったりの手間を踏まないようにするには有用だと思います。

「Windows 10 クリーンインストール注意点!!」の続きを読む…

 
 前回 Acronis True Image の最新版、Acronis True Image Cloud を使い、Windowsの入ったドライブを丸ごと、システムイメージとしてローカルハードディスクに保存しました。

 そして、バックアップ作業にかかった時間と、また、復元の所要時間をレポートしました。

 今回は、せっかくCloud版を使うわけですから、操作画面のわかり易さを交えながら、実際にファイルをアクロニスのCloudに保存してみようと思います。
 
「Acronis True Image Cloud 個別ファイルのCloudバックアップ 所要時間は?」の続きを読む…

 
 Acronis True Imageの最新版、『 Acronis True Image Cloud 』が2015年9月9日に発売になりました。
 Cloudの名の通り、全てのバックアップをクラウドにも保存できるスグレモノです!

 ネットワークを使用せず、ローカルに保存する下位版は価格も安く『 Acronis True Image 2016 』という名前ですが、上位版の『 Acronis True Image Cloud 』もアイコンは“2016”となっています。しかし起動するとタイトルバーには Cloud と表示されます。
Acronisアイコン

 バックアップマニアの私ですので、さっそく手に入れて試してみました。
 
「Acronis True Image Cloud システムイメージのバックアップと復元 所要時間は?」の続きを読む…