結論から先に言ってしまうと、それは日常生活の延長線上にないからだと思います。

「レッドブル・エアレースが2019シーズン限りで終了になる」とのニュースが5月29日に届いた時は、とても残念な気持ちになりました。

エアレース公式サイトより引用
ここから――――
レッドブルは、この度Red Bull Air Race World Championship(レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ)を2019年シーズン限りで終了することを決定しました。

今後開催を予定しているレースは以下の3戦となります。
 6⽉15⽇(⼟)、16日(⽇) カザン(ロシア)
 7⽉13⽇(⼟)、14日(⽇) バラトン湖(ハンガリー)
 9⽉ 7⽇(⼟)、8⽇(⽇) 千葉

2003 年の初開催以来、レッドブル・エアレースはこれまで90 以上のレースを開催し、世界最⾼の⾶⾏技術を持つパイロットたちが低空の空中コースを⾼速で旋回しながら競い合う世界最⾼峰のスポーツ・エンタテイメントを世の中に提供してきました。しかし、残念ながらレッドブル・エアレースは、レッドブルが世界各地で開催している他のイベントと同じレベルで世間の興味関⼼を得ることが出来ませんでした。

記憶に残る素晴らしいレースの数々を作り上げてくれたパイロットたちとチームメンバー、⼤会パートナー、ホストシティと地域住⺠の皆様、そしてファンの皆様にこの場を借りて感謝を申し上げたいと思います。 ありがとうございました。――――ここまで

「スカイスポーツはなぜ受け入れられないか?・・レッドブル・エアレース終了のニュースに触れて」の続きを読む…