昨日8月2日の朝刊に、“アップルが2015年に部品を調達するなどの取引を行った日本企業は865社に上り、取引額は計3兆6000億円規模に上ることが分かった”という記事が載っていました。

P1040185 アップルがこうしたデータを公表した背景には、日本のスマートフォン市場で同社のiPhoneが50%超の占有率があり、重要市場であることを考慮したという点があると見られています。

「iPhoneを支えているのは日本の部品」の続きを読む…