2月12日、明らかになったところによると、ハイブリッドシステムを制御するプログラムに不具合があるとして、トヨタ自動車はHV車「プリウス」の現行モデル約99万7000台(2009年3月~14年2月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出ました。
 対象車は現在製造・販売されているプリウスのほぼ全てで、同省によると、国内で一度に届け出られた単一車種のリコールとしては過去最多ということです。
 欧米やオーストラリアなどで販売された約90万台も同様の措置を取る方針ですが、これまでに事故は 「プリウス システムの不具合、99万7000台リコール 単一車種では最多! 海外販売分90万台も」の続きを読む…