EVの販売では一歩遅れをとった感のあるトヨタ自動車ですが、いよいよ電気自動車に舵を切る事になりました。
 先日は、ボルボからもこのようなニュースが聞かれたばかりです。
 これは世界的な流れで仕方ないですね。

ニュース記事引用
トヨタ自動車は18日、エンジン車だけの車種を2025年ごろまでにゼロにすると発表した。電気自動車(EV)に、ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)も加えた「電動車」を、すべての車種に設定する。

 某社の電気自動車には、うしろに『zero emission』のエンブレムが輝くものもあります。
 Wikipediaによると、“ゼロ・エミッション(zero emission)とは、環境を汚染したり、気候を混乱させる廃棄物を 排出しないエンジン、モーター、しくみ、または、その他のエネルギー源を指す。”ということですが、果たして電気自動車は本当に環境にやさしのでしょうか?

「電気自動車って本当に環境にいいの?」の続きを読む…